大川キャンパス

学部・学科

SCHOOLS AND DEPARTMENTS

福岡薬学部 薬学科

奨学金制度

奨学金名 形態 金額 制度の内容
国際医療福祉大学
年間成績優秀賞
(医学部を除く)
給付 授業料の50%を上限
(特待奨学生S・Aの学生は表彰のみ)
本学における成績優秀者を対象とした「特待生」的制度です。前年度の成績優秀者から選考し、2年次以降各学科・各学年1名に給付します(給付金は当該年度の授業料に振り替えます)。
国際医療福祉大学
学生支援基金奨学金
貸与 年間学生納付金以内の額 学生納付金負担者の不慮の事故などに伴う家計急変者を対象とした制度です。
あいおいニッセイ同和損害保険(株)
奨学金
給付 年間60万~180万円 あいおいニッセイ同和損害保険㈱の社会貢献事業の一環として特に本学の学生を対象に奨学金のご提供をいただいている制度です。
原則、2年次以上の優秀学生を対象に年5~6名の採用があります。
日本学生支援機構奨学金
(第一種)
貸与
(無利子)
自宅通学
月額2万、3万、4万、5.4万円から選択
自宅外通学
月額2万、3万、4万、5万、6.4万円から選択
法律に基づく、広く一般的な修学困難者が対象の制度です。学力・家計の基準があります。なお申請は、入学後の申請と高校3年生を対象とした高校在学中の予約申請があります。予約申請については高校の先生に相談してください。
日本学生支援機構奨学金
(第二種)
貸与
(有利子)
月額2万~12万円の間から1万円単位で選択
(薬学部の学生は12万円を選択した場合に限り2万円の増額可)
自治体主催奨学金 貸与 月額5万円程度 地方自治体独自の奨学金制度です。都道府県・市区町村によって制度の有無・内容が異なるため、詳細はお住まいの自治体にご確認ください。
民間育英財団奨学金 貸与・ 給付 主催財団による 民間の財団が社会奉仕の一環で行う制度です。
医療法人主催奨学金 貸与 主催法人による 病院や福祉施設が将来の勤務を前提に貸与する奨学資金制度です。本学に対しても全国の病院などから奨学金提供の申し出があります。

学生生活サポート

充実した毎日を送るための学生生活サポート

学修のサポートや国家試験対策だけでなく、ひとり暮らしの悩みや就職相談にまで幅広く対応し、それらの状況を保護者の方にもお知らせしています。
また、関連病院での診察やキャンパス内でのカウンセリングを受けられます。

チューター制

福岡薬学部では「チューター制」を取り入れています。個別の相談や指導によって、一人ひとりの学修到達度や生活面でのきめ細かなフォローを行っています。

健康管理・PCR検査や医療費のサポート

隣接する高木病院または、近隣のグループ関連病院と連携して学生の健康診断や日常の健康管理を行います。これらの病院や関連施設で一般診療を受診したときは、教育後援会費から医療費の補助が受けられます。また、PCR検査が必要な場合も、学生は費用の負担なく隣接する高木病院をはじめとしたグループ病院で検査を受けることができます。

学生カウンセリング

学生相談室を設置し、一人ひとりがより良い学生生活を送れるように、大学生活のこと、人間関係、心身の健康などについてカウンセラー(臨床心理士)が相談を受け付けています。

学生保険

学内で諸活動中の障害や実習先での過失による損害をカバーするため、補償制度を備えています。

  • 学生教育研究災害障害保険
  • 賠償責任保険
部活サークル・イベント
  • 運動会(1・2年を対象に学内グラウンドで運動会を開催)
  • 球技大会(サッカーやバレーボールなどの試合を通して他学科と交流)
  • 大学祭(毎年10月に「月華祭」を開催)
学外施設
  • 湯布院セミナーハウス
    最大約120人を収容する大研修室のほか、宿泊室を擁する研修施設です。学生や職員の福利厚生施設「アミティ湯布高原」もあります。
  • 宿泊研修施設(大川リバーサイドホテル)
    大川キャンパスに隣接。海外からの短期研修生や本学の臨地実習の宿泊に利用しています。

保護者サポート

広報誌「IUHW」の画像

在校生の保護者を対象に、大学の現況報告、求人・就職状況、国家試験対策、学生生活等の全体報告に加え、各学科教員と保護者との個別面談を実施、学修状況の説明、相談を行っています。ニューズレター(保護者通信)や季刊の広報誌「IUHW」もお送りします。

学生寮「カンナハイツ」

全室個室、1人暮らしに必要な家電や机なども完備!

大川キャンパスから徒歩8分。周辺に、書店やカフェ、映画館の入ったグループ関連施設「おおかわ交流プラザ」もあります。

2・3階
男子フロア
4・5階
女子フロア
設備
IHキッチン、クローゼット、バスルーム、インターフォン、トイレ
備品
エアコン、テレビ・テレビ台、勉強机・イス、ベッド、カーテン、洗濯機、冷蔵庫、物干し竿、照明
家賃
40,000円/月 ※その他費用は実費負担
在寮期間
最長2年間
学生寮「カンナハイツ」の外観
福岡薬学部薬学科1年 Y・Mさん

福岡薬学部薬学科1年 Y・Mさん

相談できる友人が近くにいる環境

エントランスとエレベーターのオートロック、部屋の鍵と3重のセキュリティーで安心です。一人暮らしに必要な家電等も備え付けだったので助かりました。寮に入ったおかげで、同じ学部はもちろん他学部の学生と顔を合わせる機会が多く、すぐにたくさんの友人ができました。1年生のうちは分からないことや心配事があるものですが、すぐに共有、相談できる友人が近くにいるのは心強いですね。1 階にはラウンジがあり、コミュニケーションの場や勉強スペースとして活用できます。

スクールバス

大川キャンパスとJR筑後船小屋駅を直結! 無料のスクールバスを運行

九州新幹線での通学が可能です!
例えば

九州新幹線の通学定期(2021年4月1日現在)


                    JR博多駅~JR筑後船小屋駅間(25分):43,510円/月、
                    JR熊本駅~JR筑後船小屋駅間(24分):46,750円/月
九州新幹線路線図

※大川キャンパス周辺で一人暮らしをする学生の生活費は約10万円/月程度です

JR筑後船小屋からはスクールバス運行

平日運行ダイヤ〈土曜授業や行事がある場合も運行〉
※予定であり変更する場合もあります

船小屋発   大川C着
8:15 8:45
9:50 10:20
大川C発   船小屋着
14:45 15:15
16:30 17:00
18:05 18:45
20:05 20:35