大川キャンパス

学部・学科

SCHOOLS AND DEPARTMENTS

福岡薬学部 薬学科

福岡薬学部のポリシー

アドミッションポリシー
  • 1. 「共に⽣きる社会」の実現を理解し、イメージできる⼈
  • 2. 使命感・倫理観・責任感・思いやりの⼼など、豊かな⼈間性を養うために、努⼒し続けることができる⼈
  • 3. 薬剤師に必要な知識・技能・態度のバランスを意識して、⽬標を設定し⾃ら向かって進める⼈
カリキュラムポリシー
  • 1. 「くすり」の専⾨家としての専⾨的な知識や技能の修得にとどまらず、多様な学問領域に関⼼を持ち、使命感、倫理観、責任感、思いやりの⼼などの豊かな⼈間性を持つ⼈材を育成する。
  • 2. 真理や科学の本質を追究するものの考え⽅の基本を修得し、学問を創造的に追究するとともに、将来役⽴つ知識と技能と態度をバランスよく⾝につけ、⾃ら考えて判断できる問題解決能⼒を持った⼈材を育成する。
  • 3. 現在または近い将来の地域医療の問題、地域社会のニーズを捉えることができ、さらに、視野を広げて国際的な医療問題についても考えることができ、様々な国の⼈々と連携、協働できる素地を持った⼈材を育成する。
ディプロマポリシー
  • 1. 医療の領域にとどまらず、社会⽣活の基本である「ひと」としての基本姿勢(⼈間性)を養うために、他者を理解し、多⽅⾯に関⼼を持ち、実⾏し、⾃⼰分析・評価することができる。
  • 2. 科学的思考⼒を持ったくすりの専⾨職をめざして、基礎薬学・衛⽣薬学・医療薬学・社会薬学などの知識を⾝につけ、反復学修し、それを活⽤(応⽤)できる。
  • 3. 講義を通して知識を、実習を通して技能を、薬剤師を意識し続けることで態度を修得し、知識・技能・態度のバランスを保ちながら、⾃⼰研鑽できる。
  • 4. 医療全体(チーム医療、地域医療など)を理解することができ、他職種を理解することができ、あらゆる活動において積極的に協働できる。

リサーチマインドを持った臨床に強い医療人としての薬剤師を育成します

現在の医療の現場では、エビデンスに基づいた医療の提供と共に「臨床に強い医療人としての薬剤師」が求められています。これらの要望に応えるために、リサーチマインドの修得ならびに「チーム医療・チームケア」に貢献でき、⼈間性・社会性・国際性豊かな⼈材を育てるために、⾼度かつ専⾨的な知識や技能に加え、コミュニケーション能⼒や応⽤⼒の修得をめざした質の⾼い授業を実施しています。また、各職種の専⾨領域を超えた学部学科横断の「関連職種連携教育」により、幅広い知識を得ることができます。さらに、多くの⼤学関連医療施設を有し、それらの施設を活⽤した充実した臨床実習を受けることができるのが⼤きな特⻑です。

取得可能な国家資格

  • ■薬剤師

毎年2月に国家試験を実施。物理・化学・生物、衛生、薬理、薬剤、病薬・薬物治療、法規・制度・倫理、実務の7科目から必須問題試験、一般問題試験(薬学理論問題・薬学実践問題)が2日間かけて行われます。

福岡薬学部の特長

1. 臨床に強い薬剤師を育てるカリキュラム

より⾼度化・専⾨化する薬物療法について医師に提案を⾏ったり、医師や看護師をはじめとする多職種と連携しながら患者さんの服薬指導を⾏うためには、コミュニケーション能⼒が⽋かせません。福岡薬学部では、このコミュニケーション能⼒を養い、専⾨領域の講義と実習・演習で構成されるカリキュラムで、現場で即戦⼒となる薬剤師を養成します。また、薬学共⽤試験(CBT/OSCE)、薬剤師国家試験に向け、低学年次からの反復演習や対策講義・演習を実施します。

2. 「チーム医療・チームケア」を学ぶ関連職種連携教育

医療福祉の総合⼤学であり、6つの附属病院、多数の関連施設を有する国際医療福祉⼤学ならではのカリキュラムが「関連職種連携教育」です。学部・学科の垣根を越えてチームを編成し、グループワークや医療福祉現場での実習を⾏います。現代医療に⽋かせない「チーム医療・チームケア」の知識やスキルを実践的に学びます。

3. 海外研修と活発な国際交流

学内組織に国際部や国際交流センターを設置し、24カ国・地域にある46の⼤学・機関と学術交流協定を締結しています。福岡薬学部では、3カ⽉の国内研修後、約2週間、これら海外協定校・医療機関を訪問し、海外の医療福祉事情について見学、実習をします。この必修科目「海外研修」(海外保健福祉事情Ⅰ・Ⅱ)を通じ、国際貢献できる薬剤師の養成に⼒を⼊れています。

4. 多数の関連施設と連携、理想的な教育環境を実現

本学は医療福祉の総合⼤学であり、⼤川キャンパスには医療福祉専⾨職を養成する5学科が集まっています。また、隣接するグループの⾼⽊病院では本学医学部の研修が実施され、姉妹校である福岡国際医療福祉⼤学の看護学部とも連携して、充実した関連職種連携教育を⾏います。そのほか多数の関連施設を有し、チーム医療・チームケアを実践的に学べる理想的な教育環境を⽣み出しています。

5. 学びのチャンスを広げる学費の低額化と奨学⾦制度

進学を妨げる要因のひとつに、経済的な負担があります。そこで本学では、学びのチャンスをあきらめることのないよう、6年間の学費を全国平均より低額に抑えました。

本学独自の特待奨学生制度

学費の負担が軽減されるよう、特待奨学生制度を設けています。特待奨学生特別選抜、一般選抜前期、大学入学共通テスト利用選抜の3つの入試区分の成績上位者から特待奨学生を選抜します。特待奨学生Sは国立大学薬学部(6年制)の学生納付金標準額より低額で進学が可能です。

6. ⼤学院で⾼度専⾨職へのキャリアアップを⽀援

福岡薬学部薬学科を卒業後、薬物治療学・創薬・育薬に精通した臨床薬剤師・薬学研究者をめざしたい学生には、本学⼤学院への進学の道もあります。仕事を持つ社会⼈でも継続的に学べるよう配慮した、充実のカリキュラムが展開されています。学部⽣の⼤学院進学には学内推薦⼊試、⼊学⾦免除、グループ内奨学⾦などの優遇措置が設けられています。