福岡キャンパス・大川キャンパス

学部・学科

SCHOOLS AND DEPARTMENTS

学部・学科のご紹介

福岡看護学部 [福岡キャンパス]

急速に進む少子高齢化社会とともに、保健・医療・福祉を取り巻く環境は大きく変化しています。
現代社会で求められているのは、より人間らしい生き方ができる環境であり、人が心豊かに生きる社会の実現です。
看護職は、チーム医療の中で患者さんに最も寄り添う存在であるからこそ、チームの調整役となる専門知識や豊かな社会性が必要です。
福岡看護学部では、国際性に富む教養を持ち、地域社会や世界で活躍できる専門家を育てます。

学部長のご紹介

福岡看護学部 学部長
大池 美也子教授

福岡教育大学大学院教育学研究科学校教育専攻修士課程修了、九州大学大学院人間環境学府発達社会システム専攻満期退学、教育学博士(明星大学)、国立療養所南福岡病院附属看護学校卒業。九州大学病院、宗像医師会病院で臨床経験を重ね、その後、九州大学医療技術短期大学教授、九州大学大学院医学研究院保健学部門看護学専攻教授を歴任。

福岡保健医療学部 [大川キャンパス]

大川キャンパス(福岡保健医療学部)は、平成17年4月、福岡県で初の理学療法士、作業療法士を養成する大学として開学しました。全国初「医療福祉の総合大学」栃木本校での実績をベースに、九州のみならず西日本の地域医療を牽引する理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床検査技師の養成をめざしています。

学部長のご紹介

福岡保健医療学部 学部長
工藤 祥教授

九州大学医学部卒業。医学博士。佐賀大学名誉教授。前高木病院病院長。米国イェール大学セントラファエル病院放射線診断科レジデント、米国テキサス大学MDアンダーソン病院フェロー、佐賀大学医学部放射線医学講座教授、九州国際重粒子線がん治療センター長を歴任。放射線診断専門医(日本、米国)、医師免許(日本、米国)。

福岡薬学部[大川キャンパス]

福岡薬学部は、基礎薬学と臨床薬学のバランスの取れた教育を行います。特に、実務実習教育に重点を置き、隣接する高木病院をはじめ多くの関連医療施設、保険薬局などで充実した教育を行い、最新の薬剤師スキルを修得させます。
さらに「チーム医療・チームケア」に貢献できる人間性・社会性・国際性豊かな「医療人」としての薬剤師の育成をめざします。

学部長のご紹介

福岡薬学部準備委員長
武田 弘志教授

星薬科大学大学院薬学研究科博士課程終了後、米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部に留学。医学博士、薬学博士。専門は神経精神薬理学、ストレス医学。前東京医科大学医学部教授。日本緩和医療薬学会理事長および第23回日本ストレス学会、第45回日本神経精神薬理学会、第5回日本緩和医療薬学会の会長などを歴任。現在、日本ストレス学会副理事長などを務め、わが国の薬理学およびストレス医学分野の発展に大きく貢献。前薬学部長(大田原キャンパス)。