大川キャンパス

学部・学科

SCHOOLS AND DEPARTMENTS

学部・学科のご紹介

福岡保健医療学部 [大川キャンパス]

大川キャンパス(福岡保健医療学部)は、平成17年4月、福岡県で初の理学療法士、作業療法士を養成する大学として開学しました。全国初「医療福祉の総合大学」栃木本校での実績をベースに、九州のみならず西日本の地域医療を牽引する理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、臨床検査技師の養成をめざしています。

学部長のご紹介

福岡保健医療学部 学部長

福岡保健医療学部 学部長
廣岡 良隆教授

九州大学医学部卒業。医学博士。九州大学循環器内科臨床教授。前九州大学循環器病未来医療研究センター先端循環制御学部門教授、米国心臓協会Fellow。欧州心臓病学会Fellowベルツ賞(1988)、上原記念生命科学財団ポストドクトラルフェローシップ賞(1989)、国際高血圧学会YIA(1993)、日本高血圧学会Hypertension Research優秀賞(2006)、科学技術分野文部科学大臣表彰(2007)、日本医師会医学研究受賞(2010)など数多くの賞を受賞。

福岡薬学部[大川キャンパス]

福岡薬学部は、基礎薬学と臨床薬学のバランスの取れた教育を行います。特に、実務実習教育に重点を置き、隣接する高木病院をはじめ多くの関連医療施設、保険薬局などで充実した教育を行い、最新の薬剤師スキルを修得させます。
さらに「チーム医療・チームケア」に貢献できる人間性・社会性・国際性豊かな「医療人」としての薬剤師の育成をめざします。

学部長のご紹介

福岡薬学部 学部長
武田 弘志教授

星薬科大学大学院薬学研究科博士課程終了後、米国カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部に留学。医学博士、薬学博士。専門は神経精神薬理学、ストレス医学。前東京医科大学医学部教授。日本緩和医療薬学会理事長および第23回日本ストレス学会、第45回日本神経精神薬理学会、第5回日本緩和医療薬学会の会長などを歴任。現在、日本ストレス学会副理事長などを務め、わが国の薬理学およびストレス医学分野の発展に大きく貢献。前薬学部長(大田原キャンパス)。