福岡キャンパス・大川キャンパス

キャンパスについて

ABOUT CAMPUS

3つのポリシー

福岡看護学部の3つのポリシー

教育研究上の目的

看護学の分野について、理論及び応用の研究を行うとともに、それぞれ十分な知識と技能を有し、保健医療の実践を担うことのできる応用能力及び豊かな人間性を備えた看護師、保健師等の人材を育成する。

看護学科のアドミッションポリシー/カリキュラムポリシー/ディプロマポリシー

アドミッションポリシー
  • 1. 看護職者として「共に生きる社会」の実現に貢献したいと考える人
  • 2. 保健医療分野の発展に貢献したいと考える人
  • 3. 他者を尊重し、誠実な人間関係を築くことができる人
  • 4. 豊かな人間性を養うため、自らを磨いていける人
  • 5. 主体的に学ぶ意欲と能力を持ち、努力ができる人
  • 6. 柔軟な発想と探究心を持つ人
カリキュラムポリシー
  • 1. 看護師・保健師として必要な豊かな人間性とアイデンティティを育成する。
  • 2. 人間の健康に寄与する専門職として、看護の本質を追究する学修に主体的かつ創造的に取り組む姿勢を育成する。
  • 3. ヒューマンケアの専門職として必要不可欠なスキルを修得し、保健医療福祉分野におけるチーム医療において協働できる能力を育成する。
  • 4. 物事の本質をみつめ、幅広く学問を探究し、論理的に思考できる能力を育成する。
  • 5. 科学的な根拠に基づく判断力と、問題解決ができる基礎的な看護実践能力を育成する。
  • 6. 国内外の健康課題を理解し、国際的な視野で問題解決を図る能力を育成する。
ディプロマポリシー
  • 1. 人間への深い関心と尊厳を持って看護の対象を理解し、看護実践の場における倫理的な対処ができる。
  • 2. 多様な学問領域に関心を持ち、人間や健康を学際的にとらえることができる。
  • 3. 自ら学問を探究する姿勢や学修課題を明らかにし、課題達成に取り組むことができる。
  • 4. 看護におけるさまざまな事象に対して、論理的かつ批判的に考え行動できる。
  • 5. 他者の感情や体験に共感できるような感性を磨き、人間関係を円滑に築くことができる。
  • 6. 個人、家族、組織、地域社会における健康課題を査定し、チームの一員として基本的な看護実践ができる知識・技術・態度を持つことができる。
  • 7. 国内外における看護の機能と役割を追究する姿勢を持つことができる。

福岡保健医療学部の3つのポリシー

教育研究上の目的

理学療法学、作業療法学、言語聴覚学、臨床検査学の各分野について、理論及び応用の研究を行うとともに、それぞれ十分な知識と技能を有し、保健医療の実践を担うことのできる応用能力及び豊かな人間性を備えた人材を育成する。

各学科のアドミッションポリシー/カリキュラムポリシー/ディプロマポリシー

理学療法学科

アドミッションポリシー
  • 1. 理学療法士として、物事に前向きで常に向上しようとする意志を持つ人
  • 2. 理学療法士として、筋道を立てて科学的に考えることができる人
  • 3. 理学療法士として、人の心の痛みが理解できる人
  • 4. 理学療法士として、地域とのつながりを大切に考えることができる人
  • 5. 理学療法士として、相手の立場に立って物事を考えることができ、「共に生きる社会」の実現に貢献したいと考える人
カリキュラムポリシー
  • 1. 理学療法士の専門的な知識・技術を有し、利用者中心の理学療法を提供できる専門職を育成する。
  • 2. コミュニケーション能力、関連職種との連携能力と課題解決能力を育成する。
  • 3. 様々な国の人々と連携、協働し、国際貢献ができる人材を育成する。
  • 4. 常に向上心を持ち、生涯教育など自己研鑚できる理学療法士を育成する。
ディプロマポリシー
  • 1. 理学療法学の専門的な知識及び技術を修得することができる。
  • 2. 幅広い教養と寛容な精神を兼ね備え、チームの中で有機的な連携を図ることができる。
  • 3.「共に生きる社会」の実現を目指し、時代や地域のニーズに応えることができる。
  • 4. 国際化に対応した幅広い知識・技能を修得し、国際的視点を持つことができる。

作業療法学科

アドミッションポリシー
  • 1. 本学のアドミッションポリシーを理解し、作業療法士として「共に生きる社会」の実現に強く貢献したいと考える人
  • 2. 作業療法学科のカリキュラムポリシーとディプロマポリシーを充分に理解し、自ら学ぶ姿勢を持ち続け、作業療法士にむけた学修に積極的に取り組む人
カリキュラムポリシー
  • 1. 作業療法士として、自己を認識し、冷静に他者を思う豊かな想像力を身につけた人材を育成する。
  • 2. 人々のこれまでの生活や価値観を大切にし、社会生活を支える人材を育成する。
  • 3. 従来の病院、施設に留まらず、人々の地域生活を支えるための専門知識・技術を備えた人材を育成する。
  • 4. 保健・医療・福祉の発展に寄与するため、人々の個別性に着目しながら科学的・創造的探究ができる人材を育成する。
  • 5. 異文化を柔軟に理解し、国際貢献できる人材を育成する。
ディプロマポリシー
  • 1. 人々の生活や価値観が理解でき、前向きに生きることを支えるための医学的・専門的な知識・技術を修得することができる。
  • 2. 広い教養と寛容な精神を兼ね備え、医療福祉チームの中で有機的な連携を図ることができる。
  • 3. 科学的・創造的探究心を持ち、国内外問わず自らの活躍の場を模索し、広げることができる。
  • 4. 人々が速やかに日常生活に復帰するために必要となる作業療法士の役割、他職種の役割を理解することができる。
  • 5. 国際化に対応した幅広い知識・技術を修得することができる。

言語聴覚学科

アドミッションポリシー
  • 1. 建学の精神「共に生きる社会の実現を目指して」に共感し、言語聴覚士を目指し学ぶ意欲を持つ人
  • 2. 命の尊さを理解する心を持ち、他者を思いやれる人
  • 3. 医療・福祉・教育などの分野の学問の発展に寄与するため、自らを磨き続ける人
カリキュラムポリシー
  • 1. 言語聴覚士として、高度な専門的知識・技能を有し、適切な言語聴覚臨床を提供できる人材を育成する。
  • 2. 大学院教育・生涯教育を視野に、常に向上心を持って自己研鑽できる人材を育成する。
  • 3. 臨床家としての人間性を深め続けられる言語聴覚士を育成する。
  • 4. 価値観の多様性を受容しグローバルな視野を持って国際的に活躍できる人材を育成する。
ディプロマポリシー
  • 1. 言語聴覚障害学の基盤となる専門基礎科目の学修を基礎とし、科学的・論理的思考ができる。
  • 2. 多岐にわたる言語聴覚障害に対応可能な臨床能力を修得し、体系的に実践できる。
  • 3. 臨床実習を通し、臨床思考能力と臨床技能を修得し、体系的に実践できる。
  • 4. 自らの専門職について主体的に探究し、資質向上のために努力し続けることができる。
  • 5. 地域社会のニーズをとらえ、他職種と協働して、保健・医療・福祉・教育に貢献できる。
  • 6. 国際化社会に対応できるような幅広い知識・技能を修得し、グローバルな視点を持てる。

医学検査学科

アドミッションポリシー
  • 1. 本学科の特質を理解し、臨床検査医学に対する明確な目的意識を持ち、医療の発展に寄与する意志を持つ人
  • 2. 思いやりの精神を持ち、「共に生きる社会」の実現に向け、周囲と協働して国際的な社会貢献ができる人間性を持つ人
  • 3. 臨床検査技師として、常に進歩し続ける臨床検査医学分野を自ら積極的に学び開拓する資質を持つ人
カリキュラムポリシー
  • 1. 臨床検査技師として必要な基礎的知識・専門的技術を身につけた、高度医療に対応する人材を育成する。
  • 2. 医療における臨床検査の重要性と使命を知り、倫理観やチーム医療の重要性を理解した人材を育成する。
  • 3. 国際的に通用する表現力、問題解決力、コミュニケーション力を身につけた人材を育成する。
ディプロマポリシー
  • 1. 医学・臨床検査に必要な基礎知識・専門的技術を持ち、高度医療に対応することができる。
  • 2. 医療人としての使命感・倫理観を持ち、チーム医療を実践できる。
  • 3. 国際人として、高いコミュニケーション力、表現力を持ち問題解決ができる。

福岡薬学部の3つのポリシー

薬学科のアドミッションポリシー/カリキュラムポリシー/ディプロマポリシー

アドミッションポリシー
  • 1. 「共に生きる社会」の実現を理解し、イメージできる人
  • 2. 使命感・倫理観・責任感・思いやりの心など、豊かな人間性を養うために、努力し続けることができる人
  • 3. 薬剤師に必要な知識・技能・態度のバランスを意識して、目標を設定し自ら向かって進める人
カリキュラムポリシー
  • 1. 「くすり」の専門家としての専門的な知識や技能の修得にとどまらず、多様な学問領域に関心を持ち、使命感、倫理観、責任感、思いやりの心などの豊かな人間性を持つ人材を育成する。
  • 2. 真理や科学の本質を追究するものの考え方の基本を修得し、学問を創造的に追究するとともに、将来役立つ知識と技能と態度をバランスよく身につけ、自ら考えて判断できる問題解決能力を持った人材を育成する。
  • 3. 現在または近い将来の地域医療の問題、地域社会のニーズを捉えることができ、さらに、視野を広げて国際的な医療問題についても考えることができ、様々な国の人々と連携、協働できる素地を持った人材を育成する。
ディプロマポリシー
  • 1. 医療の領域にとどまらず、社会生活の基本である「ひと」としての基本姿勢(人間性)を養うために、他者を理解し、多方面に関心を持ち、実行し、自己分析・評価することができる。
  • 2. 科学的思考力を持ったくすりの専門職をめざして、基礎薬学・衛生薬学・医療薬学・社会薬学などの知識を身につけ、反復学修し、それを活用(応用)できる。
  • 3. 講義を通して知識を、実習を通して技能を、薬剤師を意識し続けることで態度を修得し、知識・技能・態度のバランスを保ちながら、自己研鑽できる。
  • 4. 医療全体(チーム医療、地域医療など)を理解することができ、他職種を理解することができ、あらゆる活動において積極的に協働できる。