大川キャンパス

キャンパスについて

ABOUT CAMPUS

ごあいさつ

理事長のごあいさつ

理事長 高木 邦格
充実した教育環境のもと、
国内外で活躍できる医療福祉のエキスパートに。

国際医療福祉大学は1995年に日本初の医療福祉の総合大学として栃木県大田原市で開学しました。全国5つのキャンパスに10学部25学科を設置し、在学生は約1万人になり、これまでの4半世紀を超える歩みの中で、約2万9000人の医療人を輩出してまいりました。附属・関連施設の充実と、各分野の第一人者による教育により、建学の精神である「『共に生きる社会』の実現」をめざして、卒業生は地域医療への取り組みはもちろん、グローバルに活躍しており、国内外で高い評価をいただいております。

国際医療福祉大学成田病院(千葉県成田市)が2020年春に開設したことで6つになった附属病院のほか、教育・研究・人事面で全面的に協力する臨床医学研究センターという位置づけの関連医療福祉施設や海外の提携機関を持ち、実習面でたいへん恵まれた環境を整備しています。

成田病院は敷地面積15万1565m²、延床面積10万5513m²で、642床の大規模病院です。遺伝子診断センターをはじめ、先端医療を提供する各種センターや最新の高度医療機器を備えた日本最大級の予防医学センターも併設しています。海外の大学や医療機関などと専用線でつながり、遠隔で現地の診断をサポートする国際遠隔診断センターや、成田国際空港至近での病原体対策として水際を守る国際臨床感染症センターといった、これまでにない特長的なセンターを開設。幅広い疾患に対応するほか、さまざまな文化や宗教、食事の多様性、多言語にも対応し、あらゆる国から患者様をお迎えするアジアを代表する国際的な拠点病院をめざしています。成田キャンパスにある医学部では世界最大級の成田シミュレーションセンターで実践教育を実施し、優秀な留学生20人を毎年受け入れ、大部分の授業を英語で行うなど、革新的な医学教育を行っています。

大田原キャンパス内には障害者支援施設やアジア有数の言語聴覚センターを持つ大学クリニックなどを設置し、国際医療福祉大学病院、同塩谷病院などとともに、栃木県北地区の医療の質的向上に貢献しています。他のキャンパスもキャンパス内や近隣に多くの医療福祉施設を併設しており、医療福祉現場を身近に感じられる学修環境も大きな特長のひとつです。こうした機能を存分に生かし、100%の就職率や全国トップクラスの国家試験合格率を実現することができています。

世界中に蔓延した新型コロナウイルス感染症の拡大に対し、本学グループは総力を挙げて立ち向かっています。2021年は成田病院でコロナ患者様の受け入れ病床を71床に拡大したのをはじめ、グループ医療機関を合わせて175床まで受け入れ病床の確保に努めてまいります。

コロナ禍における本学の授業体制は、感染対策を徹底したうえで、対面授業を原則としながらも感染状況に応じて休校措置を取ったり、オンライン授業を組み合わせたハイブリッド授業を展開したり、その時点における学力向上のための最善の方法の提供に努めております。医療福祉の最前線で必要とされる専門職を育成するためには実践力を身につける演習や実習が欠かせません。このため、必要に応じてグループ病院で実習前にPCR検査を実施するといった対応も取っています。

東京赤坂キャンパスには2020年にⅡ期棟(W棟)が完成し、赤坂山王保育園と赤坂山王メディカルセンターが開設。豊かな人間性を持った子どもの育成や地域社会の健康づくりに寄与しています。このほか、小田原、大川の各キャンパスや三田、熱海、市川の各病院などの附属・関連施設が連携し、国内外で求められる医療人の養成に教職員一丸となって取り組んでまいりますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

学長のごあいさつ

学長 大友 邦
多くの附属・関連施設で、
「チーム医療・チームケア」を体験。

本学の建学の精神である「病める人も、障害を持つ人も、健常な人も、互いを認め合って暮らせる『共に生きる社会』の実現」は、生涯を通じて人権擁護に尽力された初代学長・大谷藤郎先生によって提唱され、これまで一貫して継承されてきたものです。この建学の精神のもと、キャンパス内に複数の医療福祉施設を併設し、学生が日常生活のなかで高齢者や障害を持つ方々と触れ合うことによって、自然に慈恵の心が培われる教育環境を整えてまいりました。

高度な知識と技術を備え、人間性豊かな医療人を養成するため、教育スタッフに各分野の第一人者を招き、先進の教育ツールを駆使した先駆的なカリキュラムで教育を行っております。早期から現場を体験することも重視しており、本学が有する6つの附属病院と多くの関連施設を活用して、1年次の早い段階から臨床実習を行っております。

最近の医療福祉の現場では、複数の専門職が協働して治療やケアにあたる「チーム医療・チームケア」が不可欠となっています。本学ではさまざまな専門職を養成する学科がそろった医療福祉の総合大学であることを生かし、学科を横断したチームを編成して「チーム医療・チームケア」を体験する独自の「関連職種連携教育」を実施しております。保健医療系や薬学の各学部に、医学部や赤坂心理・医療福祉マネジメント学部の教員や学生も加わり、チームに医師や心理専門職の視点を加味して、より臨床に即した教育を展開しております。

昨年は本学開学25周年という節目の年であるとともに、医学部の本院である国際医療福祉大学成田病院(千葉県成田市、642床)が開院した記念すべき年にもなりました。医学部をはじめとする成田キャンパスや他の附属病院・関連施設と連携し、地域医療に貢献するとともに、グローバルに医療・教育を行う場としての機能をめざしていきます。

世界中が新型コロナウイルス感染症に翻弄される中、国際医療福祉大学は2020年春の最初の緊急事態宣言に対応してオンライン授業を導入し、感染が一段落した夏以降は可能な限り対面授業を再開するなど、大学本来の役割を果たすために努力してまいりました。いち早くグループ病院に感染の有無を調べるPCR機器を設置し、学生や教職員が速やかに検査できる体制拡充も図ってまいりました。学生が臨床実習に行く際に検査が受けられる体制も整っています。

2020年4月には、福岡の大川キャンパスに福岡薬学部を開設。薬剤師が不足している福岡県南部地区で初めて設置された薬学部です。今年4月から国際医療福祉大学福岡看護学部が姉妹校の福岡国際医療福祉大学に移管され、本学は栃木県大田原市、千葉県成田市、東京都港区赤坂、神奈川県小田原市、福岡県大川市の5キャンパスで10学部25学科となりました。成田キャンパスには臨床工学技士を養成する「臨床工学特別専攻科」(1年制課程)を開設しました。臨床工学技士は人工呼吸器や人工心肺装置などの操作や保守点検を行う専門職で、新型コロナウイルス感染症の重症患者への切り札とされる体外式膜型人工肺(ECMO)を扱うことができる職種としても注目されています。

本学で学ぶことを希望されている皆様が、本学の充実した教育スタッフと教育環境を十分に活用され、勉学のみならずスポーツやボランティア活動を通して人格形成に精進し、医療福祉のリーダーとして国内外で幅広く活躍されることを期待しております。

大友 邦 (おおとも くに)

東京大学医学部卒業。医学博士。米国ワシントン大学、ピッツバーグ大学に留学後、東京大学大学院医学系研究科放射線医学講座教授。消化器領域を中心としたCT・MRIによる画像診断とIVRの発展に貢献。放射線診断専門医。日本医学放射線学会理事長、第70回・第74回日本医学放射線学会総会会長、東京大学大学院医学系研究科生体物理医学専攻長などを歴任。東京大学名誉教授。

【researchmap】
https://researchmap.jp/read0019407

※沿革につきましては、国際医療福祉大学本校のサイトをリンクしております。