大川キャンパス

キャンパスについて

ABOUT CAMPUS

ごあいさつ

理事長のごあいさつ

理事長 高木 邦格

病める人も、障害を持つ人も、健常な人も、
互いに認め合って暮らせる
「共に生きる社会」の実現を目指して

最先端の学修環境のもと、
国内外の医療福祉現場から求められるエキスパートに。

国際医療福祉大学は日本初の医療福祉の総合大学として、医療福祉専門職の養成と地位向上をめざし、1995年に栃木県大田原市に開学しました。現在、全国5つのキャンパスに10学部25学科をそろえ、大学院を含め約1万人の学生が学んでいます。開学から27年で、約3万人の医療人を輩出してきました。建学の精神である「『共に生きる社会』の実現」をめざし、各分野の第一人者や優秀な教員による教育を受けた卒業生は国内外で高い評価をいただいております。

本学は6つの附属病院をはじめ、関連医療福祉施設、海外の提携機関を多数持つなど、他に類を見ない恵まれた実習環境を整備しています。

開学の地となった栃木県大田原市の大田原キャンパス内には、障害者支援施設や重症心身障害児のための施設で構成された国際医療福祉リハビリテーションセンター、アジア有数の言語聴覚センターを持つ大学クリニックなどを設置し、多くの実習生を受け入れています。同県那須塩原市にある国際医療福祉大学病院、同塩谷病院、介護老人保健施設マロニエ苑、特別養護老人ホーム栃の実荘などとともに、学生の実習施設として機能しています。

福岡県の大川キャンパスには、グループ発祥の病院として110年の歴史を持つ高木病院や日本屈指の規模を誇る柳川リハビリテーション病院などの臨床医学研究センターが近隣に点在し、実習施設としての役割を果たしています。

小田原キャンパスの本校舎は駅隣接の至便な場所に立つ都市型キャンパスで、小田原城近くには桜が咲き誇る城内校舎も立地しています。国際医療福祉大学熱海病院と連携し、実習体制を整えています。

都心の一等地に立地する東京赤坂キャンパスでは、こころのケア、医療経営のスペシャリストを養成し、国際医療福祉大学三田病院をはじめとする附属病院での実習を実施しています。

住みやすい街として人気の高い千葉県公津の杜駅前に位置する成田キャンパスには、看護学科や医学検査学科、リハビリテーション専門職を養成する理学療法学科、作業療法学科、言語聴覚学科等を設置しているほか、医療福祉の総合大学が開設する初の医学部を設置。医学部にある世界最大級のシミュレーションセンターや、国際的な拠点病院をめざして近隣に開設された国際医療福祉大学成田病院が、学生の実習をサポートしています。

このように、各キャンパスの敷地内や近隣に併設された医療福祉施設の現場を身近に感じながら学べる環境も、本学の大きな特長です。この環境を生かし、100%の就職率や全国トップクラスの国家試験合格率を実現しています。

また、国際性豊かな教育も本学の特長の1つです。世界の医療福祉現場を体験する海外研修を行うほか、アジアを中心とした外国人留学生にこれまで数十億円以上の奨学金を給付し、将来母国で医療福祉分野のリーダーとなる人材を数多く育ててきました。

新型コロナウイルス感染症に対しても、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」に医師、看護師、薬剤師を派遣したことをはじめ、総力を挙げて立ち向かってきました。2022年3月末時点の本学グループのワクチン累計接種回数は約20万回、10万人以上に実施し、グループ内の病院におけるコロナ病床数は最大で252床を運営いたしました。

本学では感染症対策を徹底し、オンラインではなく、極力対面での授業を実施し、実習前の学生に自己負担なしでPCR検査を行っています。また、入学式などの大きな行事の前には、医学検査学科の協力をもとにPCR検査を行うなど感染症対策に万全を期しています。

今年度は教育、臨床、研究の一層の充実をめざし、アジアを代表する医療福祉の総合大学として機能強化を図りながら、国内外で求められる医療人の養成に教職員一丸となって取り組んでまいりますので、引き続きよろしくお願いいたします。

学長のごあいさつ

学長 鈴木 康裕
真の国際性を身につけた
医療福祉のプロフェッショナルとして。

1995年、栃木県大田原市に開学した国際医療福祉大学は、日本初の医療福祉の総合大学として、リハビリテーション教育では日本有数の実績を擁する大学です。「病める人も、障害を持つ人も、健常な人も、互いを認め合って暮らせる『共に生きる社会』の実現を目指して」を建学の精神に掲げ、開学以来一貫して継承してまいりました。その精神は、学科を横断したチームを編成して「チーム医療・チームケア」を体験する「関連職種連携教育」や、海外の医療現場に触れて国際的な視点を養う「海外保健福祉事情」など、本学ならではの教育の特色にも表れています。

これらの特色に共通するものは、今後の社会でますます重要となってくる多様性です。病気や障害を持つ人、健常な人、さまざまな職種、そして文化的に異なった背景を持っている外国の人々が互いに認め合って共に生きるには、多様性を受け入れ、新しい環境に適応することが極めて重要です。本学では、多職種の連携が必要な医療福祉の現場はもちろん、あらゆる場面においても多様性を受容し、自らの専門性を発揮できる人材の育成に力を入れています。

日本初のコメディカルの総合大学として、本学は開学当時から国家試験に合格するための知識を学ぶだけではなく、高い教養と医療福祉の現場で生かされる本物の医療プロフェッショナリズムを身につける場として、その存在意義を果たしてまいりました。教育スタッフには各分野の第一人者や優秀で多才な指導者を招き、早期から臨床実習を行うことをはじめ、先駆的なカリキュラムと学修環境を整えることで、高度な知識と技術を備えた人間性豊かな医療人を養成しています。

開学から27年を経て、これまでに3万人を超える卒業生を輩出してまいりました。本学で高い理想のもとに学びを深めた卒業生たちは、コメディカルの各分野でそれぞれに活躍しています。現在では、医療機関や福祉施設、教育施設のトップや中堅として活躍するなど、各分野を引っ張るリーダーにまで成長している卒業生が数多くいます。

私は、2021年に本学に入職し、本年度より学長に就任いたしました。他では見られない充実した学修環境を整え、医療福祉の専門職を育成してきた本学の教育の素晴らしさに感銘を覚え、入職することを決めました。6つの附属病院と臨床医学研究センターにおいて、臨床実習を体験できる本学の学修環境は極めて恵まれた環境です。また、学生が学科混成チームを編成し、現場の医師や専門職の指導のもと「チーム医療・チームケア」を体験できるのは、本学が多くの専門職を養成する医療福祉の総合大学であるからこそです。

これから本学で学ぶ皆様が、先進的な教育や学修環境を存分に活用され、真の国際性を身につけた医療福祉のプロフェッショナルとして、国内外で幅広く活躍されることを期待しております。

鈴木 康裕 (すずき やすひろ)

慶應義塾大学医学部卒業。医学博士。米国ハーバード大学大学院公衆衛生研究科で2つの修士号(Master of Public Health, Master of Science)を取得。WHO(世界保健機関)局長(ナンバー2)、厚生労働省医務技監を歴任。2021年1月より国際医療福祉大学大学院教授を務め、同年3月より副学長に就任。2022年4月より現職。

※沿革につきましては、国際医療福祉大学本校のサイトをリンクしております。