>  >  理学療法学科

学部紹介

理学療法学科 Department of Physical Therapy

医療のニーズと最新のリハビリテーションに対応できる
エキスパート<理学療法士>を養成

理学療法士の仕事は、立つ・座る・歩くといった基本的な日常動作の機能を回復し、
障害や疾病を持つ方のQOL(生活の質)を高めていくことです。
専門的な知識や技術で身体面の回復を図るだけでなく、
精神面でのサポートも求められています。
理学療法士の活躍するフィールドが広がっている現在、
本学科ではチーム医療・チームケアに貢献し、
さまざまなニーズと最新のリハビリテーションに対応できるエキスパートを養成します。

理学療法学科の教育方針・特徴

医学的基礎へのアプローチ
障害の克服における医学的基礎分野を重視し、基礎医学系専任教員との連携による授業を展開。
科学的根拠に基づいた理学療法を習得することを目標とする教育方針を徹底しています。
地域との連携のもとに、保健・医療・福祉分野で活躍できる人材を育成
障害を持つ方々のスポーツの楽しみをサポートする「障害者スポーツ指導員」や
「福祉住環境コーディネーター」などの資格を取得可能。卒業後の活躍の場が広がります。
チューター制度による個人指導
学年相互の連携を通して、上級生が得た知識や技能、経験などを下級生に伝えていけるように、
1~4年次まで縦割りでグループを構成。また、専任教員がチューター(個人指導の教員)となり、
学習面や生活面などについてきめ細かなアドバイスを行っています。

プロフェッショナル養成に向けたカリキュラム

神経系理学療法学
中枢神経疾患のなかでも、脳血管障害は理学療法の対象となる頻度が高い疾患のひとつ。片麻痺の病態、検査、測定、評価、理学療法治療について学ぶ。
運動系理学療法学
代表的疾患(肩・股・膝関節疾患、脊髄損傷、関節リウマチ、末梢神経損傷、熱傷)について病態、評価、理学療法治療について学ぶ。

理学療法学科カリキュラムの詳細はこちら >>

理学療法学科の実習紹介

基礎実習
多彩な大学関連施設で実習を行い、理学療法に関わる疾患または障害について理解を深める。また対象者、家族、職員とコミュニケーションをとり、医療人になる心得を学ぶ。
検査実習
理学療法診断学で学習した検査・測定の知識・技術を整理する。そのための学習計画をグループごとに立案し実行。また、障害を想定した検査・測定の実践的な進め方を学ぶ。
臨床実習
教員と臨床実習指導者が連携した実践教育を行う。病院・施設などで実習経験を積みながら、理学療法士としての実践力を養う。

理学療法学科の実習風景

【受験可能な国家資格】

□ 理学療法士

毎年2月に国家試験を実施。解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)、臨床医学大要(人間発達学を含む)および理学療法の8つの分野で筆記試験が行われます。

【将来の活躍の場】
◎病院などの医療機関
◎保健所などの医療行政機関
◎老人保健施設、福祉施設
◎医療機器関連企業
◎健康増進センター、教育・研究機関 など
資料請求