>  >  福岡看護学部

大学案内

大学案内	Outline of University

福岡看護学部

教育研究上の目的

看護学の分野について、理論及び応用の研究を行うとともに、それぞれ十分な知識と技能を有し、保健医療の実践を担うことのできる応用能力及び豊かな人間性を備えた看護師、保健師等の人材を育成する。

看護学科のアドミッションポリシー/カリキュラムポリシー/ディプロマポリシー

アドミッションポリシー
  1. 看護職者として「共に生きる社会」の実現に貢献したいと考える人
  2. 保健医療分野の発展に貢献したいと考える人
  3. 他者を尊重し、誠実な人間関係を築くことができる人
  4. 豊かな人間性を養うため、自らを磨いていける人
  5. 主体的に学ぶ意欲と能力を持ち、努力ができる人
  6. 柔軟な発想と探究心を持つ人
カリキュラムポリシー
  1. 看護師・保健師として必要な豊かな人間性とアイデンティティを育成する。
  2. 人間の健康に寄与する専門職として、看護の本質を追究する学修に主体的かつ創造的に取り組む姿勢を育成する。
  3. ヒューマンケアの専門職として必要不可欠なスキルを修得し、保健医療福祉分野におけるチーム医療において協働できる能力を育成する。
  4. 物事の本質をみつめ、幅広く学問を探究し、論理的に思考できる能力を育成する。
  5. 科学的な根拠に基づく判断力と、問題解決ができる基礎的な看護実践能力を育成する。
  6. 国内外の健康課題を理解し、国際的な視野で問題解決を図る能力を育成する。
ディプロマポリシー
  1. 人間への深い関心と尊厳を持って看護の対象を理解し、看護実践の場における倫理的な対処ができる。
  2. 多様な学問領域に関心を持ち、人間や健康を学際的にとらえることができる。
  3. 自ら学問を探究する姿勢や学修課題を明らかにし、課題達成に取り組むことができる。
  4. 看護におけるさまざまな事象に対して、論理的かつ批判的に考え行動できる。
  5. 他者の感情や体験に共感できるような感性を磨き、人間関係を円滑に築くことができる。
  6. 個人、家族、組織、地域社会における健康課題を査定し、チームの一員として基本的な看護実践ができる知識・技術・態度を持つことができる。
  7. 国内外における看護の機能と役割を追究する姿勢を持つことができる。
資料請求