ホーム > インフォメーション > インフォメーション詳細

インフォメーション

インフォメーション

2019年度海外研修希望国調査を実施しました 18.12.19

12月7日(金)、現1年生を対象に2019年度希望国調査を実施しました。
希望国調査とは、次年度8月~9月に実施する海外研修の研修先を決めるものです。各研修先の参加人数に定員があるので、学生は第1~第5希望を選び、提出します。
研修先の選定にあたっては、研修プログラム、時期、費用について大学側から十分な情報提供を行ったうえ、保護者様と相談し、慎重に吟味するよう案内しています。

また、海外研修をより充実したものにするためには、早期より心構えを含めた入念な準備が欠かせません。準備の過程で学生が養い、培う力は、海外研修はもちろん、その後の臨床実習、国家試験対策、就職活動にも生かすことができます。海外研修から卒業までの課題をシームレスにつなぎ、自律学習のサイクルを意識づけるという観点から、当日はリクナビの白男川様をお招きし、海外研修に向けたマインドセットのお話をしていただきました。

1.jpg

海外研修先や期間・時期、各国の形態についての説明のほか、海外保健福祉事情Ⅰ(講義)・Ⅱ(実習)の科目概要の説明も行いました。

2.jpg

海外保健福祉事情の概要冊子を見ながら、学生たちはどの研修先がいいのか真剣に考えていました。

3.jpg

リクナビの白男川様からなぜ海外に行くのか?という質問に対して、学生たちは海外における医療現場を知り、学ぶためや、各国の文化に触れ、理解を深めるなどの意見が出ました。海外研修の「そもそも」に立ち返ることで、学生たちはより深く自分と向き合い、自分にふさわしい研修先を考えるきっかけになりました。

 

〈希望国調査の提出について〉

・提出物:①希望国調査用紙(第1~第5希望まで記入) ②パスポートのコピー
・提出場所:3号館学生窓口
・提出締切:2019年1月4日(金)17時まで

全学部で特待生を選抜