ホーム > インフォメーション > インフォメーション詳細

インフォメーション

インフォメーション

新学長・副学長(九州地区担当)・副大学院長(九州地区担当) 就任のお知らせ 16.04.15

4月1日付けで、大友 邦 学長が就任いたしました。
北島 政樹 前学長は学校法人国際医療福祉大学副理事長および名誉学長に就任いたします。
また、国際医療福祉大学副学長(九州地区担当)および九州地区生涯教育センターセンター長として、糸山 泰人 副学長が就任いたしました。
さらに、国際医療福祉大学大学院副大学院長(九州地区担当)として、今泉 勉 副大学院長が就任いたしました。


国際医療福祉大学 学長

大友 邦 (おおとも くに)

大友 邦 学長

東京大学医学部卒、医学博士。米国ワシントン州立大学、ピッツバーグ大学留学後、1998年に東京大学大学院医学系研究科・放射線診断学教授。
日本の放射線医学における第一人者として、消化器領域を中心としたCT・MRIによる画像診断とInterventional Radiology(IVR)の発展に貢献。生体情報の可視化のための先進的ソフト開発では2007年度ベルツ賞を受賞。
学会活動においては、2005年から2010年まで日本医学放射線学会理事長を務めたほか、第70回・第74回日本医学放射線学会総会の会長を歴任。
日本医学放射線学会放射線診断専門医。

大友学長ご挨拶



国際医療福祉大学 副学長(九州地区担当)・九州地区生涯教育センター センター長

糸山 泰人(いとやま やすと)

糸山 泰人 副学長

九州大学医学部卒、医学博士。米国国立衛生研究所留学後、1993年に東北大学医学部教授・同大学院教授。2010年に国立精神・神経医療研究センター病院長。
神経内科学・神経科学における第一人者として、多発性硬化症の臨床および病因研究、視神経脊髄炎のアストロサイトパチーとしての病因・病態研究などに携わる。
日本神経学会認定神経内科専門医。第50回日本神経学会会長、日本神経治療学会理事長を歴任。
2014年より本学副学長、2015年より医療福祉学部長を兼任、2016年より九州地区担当副学長。




国際医療福祉大学大学院 副大学院長(九州地区担当)

今泉 勉(いまいずみ つとむ)

今泉 勉 副大学院長

九州大学医学部卒、医学博士。在学中にECFMG合格、卒後すぐに渡米。米国で卒後臨床研修、専門医教育を受け、ECFMGに加え米国医師免許(FLEX)、米国内科専門医(Board)、米国循環器専門医(Board)の資格を取得。マウントサイナイ病院、オクラホマ大学、コーネル大学、バージニア医科大学等、長期に亘り米国での臨床に携わる。1994年より久留米大学医学部心臓・血管内科主任教授、2001年より同大学循環器病研究所所長を兼任。
循環器疾患の研究・治療における日本の第一人者で、心房性利尿ホルモンによる循環調節の研究では1988年にベルツ賞を受賞。高血圧診療ガイドラインの執筆委員を長年務める。
第33回日本高血圧学会会長、心臓移植関連学会協議会代表などを努める。
日本循環器学会認定循環器専門医・名誉会員、日本高血圧学会認定高血圧専門医・名誉会員

全学部で特待生を選抜
資料請求 入学願書などの請求もできます