>  >  教員紹介|理学療法学科

学部紹介

理学療法学科 Department of Physical Therapy

副学長 九州地区生涯教育センターセンター長 教授 糸山 泰人
副学長 九州地区生涯教育センターセンター長 教授 糸山 泰人
学位 医学博士
専門分野 神経内科学
神経科学
研究内容
  • 多発性硬化症(MS)の臨床および病因研究
  • 視神経脊髄炎(NMO)のアストロサイトパチーとしての病因・病態研究
  • 筋萎縮性側索硬化症(ALS)の治療薬としての肝細胞増殖因子(HGF)の開発研究
  • 神経難病の病因・病態研究とともに難病患者の医療福祉体制のあり方の研究
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
[視神経脊髄炎]
糸山泰人:「日本人による発見と新規開発」 視神経脊髄炎-アストロサイトパチーとしての新たな疾患概念の確立、医学のあゆみ253:1189-93,2015
[筋萎縮性側索硬化症]
Aoki M, Ogasawara M, Matsubara Y, Narisawa K, Nakamura S, Itoyama Y, Abe K: Mild ALS in Japan associated with novel SOD mutation. Nat Genet 1993;5:323-4.
[アストロサイトパチー、脱髄]
Itoyama Y, Sekizawa T, Openshaw H, Kogure K, Goto I: Early loss of astrocytes in herpes simplex virus-induced central nervous system demyelination. Ann Neurol 1991;29:285-92.
[HAMの病態]
Itoyama Y, Minato S, Kira J, Goto I, Sato H, Okochi K, Yamamoto N:Spontaneous proliferation of peripheral blood lymphocytes increased in patients with HTLV-I-associated myelopathy. Neurology 1988;38:1302-7.
[多発性硬化症の病態]
Itoyama Y, Sternberger NH, Webster HD, Quarles RH, Cohen SR, Richardson EP Jr:Immunocytochemical observations on the distribution of myelin-associated glycoprotein and myelin basic protein in multiple sclerosis lesions. Ann Neurol 1980;7:167-77
プロフィール 九州大学医学部卒業(1972年)。 神経内科専門医。 米国国立衛生研究所(NIH)に留学後、九州大学医学部助教授、東北大学医学部教授(神経内科)・同大学院教授(1993~2010年)、東北大学病院副病院長、国立精神・神経医療研究センター病院長(2010~2014年)などを歴任。 2014年より本学副学長。 第50回日本神経学会会長、日本神経治療学会理事長。 2015年より医療福祉学部長を兼任。 2016年、九州地区担当副学長・九州地区生涯教育センター長。
学科長 教授 森田 正治
教授 森田正治
学位 博士(医学)長崎大学
専門分野 理学療法学教育
脳性麻痺
転倒
疲労評価
担当科目
  • リハビリテーション概論
  • 理学療法概論
  • 人間発達学
  • 小児理学療法学Ⅰ・Ⅱ
  • 理学療法臨床推論法
  • 循環器系理学療法学
  • 代謝系理学療法学
  • 関連職種連携論
  • 関連職種連携ワーク
  • 関連職種連携実習
  • 障害者スポーツⅠ・Ⅱ・Ⅲ
  • 理学療法特論Ⅱ・Ⅲ
研究内容 [研究指導テーマ]
  • 理学療法学教育
  • 運動発達障害及び脳性麻痺の評価と理学療法
  • 高齢者の理学療法
  • マッスルスーツの適用効果
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • 理学療法学辞典,医学書院,2006
  • Masaharu Morita et. al.: Relationship between falls and physical performance measures among community-dwelling elderly women in Japan. Aging clinical and experimental research, 17: 211-216, 2005 (Milano, Italy)
  • 痙縮の装具-ハートウォーカーの機能と効果.日本義肢装具学会誌 22(2):90-94,2006
  • イラストでわかるスペシャルシーティング-姿勢評価アプローチ,医歯薬出版,2012
  • 脳性まひ児の家庭療育 原著第4版.医歯薬出版,2014
プロフィール [学歴]
国立療養所福岡東病院附属リハビリテーション学院卒業(S61)
玉川大学文学部教育学科卒業:学士(文学:H8)
長崎大学医学部医学研究科社会医学系専攻(公衆衛生学)卒業:博士(医学:H16)
[職歴]
社会福祉法人佐賀整肢学園(S61~H2)
柳川リハビリテーション学院(H2~H13)
福岡国際医療福祉学院(H13~H24.9)
国際医療福祉大学大学院准教授(H22.9~H25.3)
国際医療福祉大学准教授(H24.10~H25.3)
国際医療福祉大学・大学院教授(H25.4~)
[資格他]
理学療法士
専門理学療法士(教育・管理系,生活環境支援系)
[公職歴]
社会福祉法人こぐま福祉会 評議員(H16~)
公益社団法人日本理学療法士協会 代議員(H21~)
一般社団法人理学療法科学学会 評議員(H25~)
公益社団法人福岡県理学療法士会 監事(H27~)
公益社団法人日本高等教育評価機構 大学評価員(H27~)
大川市まち・ひと・しごと創生有識者会議 委員(H27~)
教授 金出 英夫
金出 英夫
学位 医学博士 九州大学
専門分野 循環器内科学
生理学
薬理学
担当科目 内科学
公衆衛生学
研究内容 生理・薬理学的な実験方法を用いて
1)血管緊張調節機構と動脈硬化発症機序の解明
2)虚血心筋代謝
に関する研究
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • Kanaide H, Hirano K: -Calcium Signaling Protocols- Third Edition, "Methods in Molecular Biology". [Measurement of [Ca2+]i in smooth muscle strips using front-surface fluorimetry] In: Lambert D.G. (ed):2012.
  • Kanaide H, Kobayashi S, Nishimura J, Hasegawa M, Shogakiuchi Y, Matsumoto T, Nakamura M: Quin2 microfluorometry and effects of verapamil and diltiazem on calcium release from rat aorta smooth muscle cells in primary culture. Circ Res 63: 16-26, 1988
  • Kobayashi S, Kanaide H, Nakamura M: Cytosolic-free calcium transients in cultured vascular smooth muscle cells: microfluorometric measurements. Science 229: 553-556, 1985
  • Kanaide H, Takeshita A, Nakamura M: Etiologic aspects of coagulopathy in Takayasu's aortitis. Am Heart J 104: 1039-1045, 1982
  • Kanaide H, Yoshimura R, Makino N, Nakamura M: Regional myocardial function and metabolism during acute coronary artery occlusion. Am J Physiol 242: H980-H989, 1982
プロフィール 九州大学医学部医学科卒業。医学博士、九州大学名誉教授。
九大卒業後、米国Ohio州Cleveland市Mt.Sinai病院インターン、Cleveland Clinic 研究員を経て九州大学医学部循環器内科助手、次いで講師。元九州大学医学部附属心臓血管研究施設・施設長、分子細胞情報学部門教授、九州大学医学研究院長、医学部長。
2007年より国際医療福祉大学大学院教授。2009‐2011年、福岡山王病院長。2011‐2013年、国際医療福祉大学福岡リハビリテーション学部長。前国際医療福祉大学副学長・大学院副大学院長・九州地区生涯教育センター長。
教授 廣岡 良隆
教授 廣岡 良隆
学位 医学博士 九州大学
専門分野 循環器内科学
担当科目
  • 内科学
研究内容
  • 高血圧
  • 心不全
  • 神経体液性因子による循環調節
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • Hirooka Y et al: Effects of –human atrial natriuretic peptide on the interrelationship of arterial pressure, aortic nerve activity, and aortic diameter. Circ Res 63: 987-996, 1988.
  • Hirooka Y et al: Effects of L-arginine on acetylcholine-induced and ischemic vasodilation of the forearm in patients with heart failure. Circulation 90: 948-955, 1994.
  • Hirooka Y et al: Imbalance of central nitric oxide and reactive oxygen species in the regulation of sympathetic activity and neural mechanisms of hypertension. Am J Physiol 300: R818-R826, 2011.
  • Hirooka Y et al: Potential clinical application of recently discovered brain mechanisms involved in hypertension. Hypertension 62: 995-1002, 2013.
  • 平成19年度科学技術分野 文部科学大臣表彰
プロフィール [学歴]
  • 昭和59年3月 九州大学医学部卒
  • 昭和61年6月 九州大学医学部研究生
    [職歴]
    • 昭和59年6月 九州大学医学部附属病院 循環器内科医員
    • 昭和63年9月 九州厚生年金病院 内科 医員
    • 平成4年11月 オーストラリア シドニー大学 訪問研究員・研究主任
    • 平成8年4月 九州大学医学部附属病院 循環器内科 助手
    • 平成15年5月 九州大学医学部附属病院 冠動脈疾患治療部 講師
    • 平成18年8月 九州大学病院循環器内科 講師
    • 平成23年4月 九州大学医学研究院 先端循環制御学 教授
    • 平成27年4月 九州大学循環器病未来医療研究センター 先端循環制御学部門 教授
    • 平成29年4月 国際医療福祉大学 福岡保健医療学部 教授
      医療法人社団高邦会 高木病院 高血圧・心不全センター センター長
教授 森本 幸生
教授 森本 幸生
学位 理学修士 九州大学
理学博士 九州大学
専門分野 生理学
担当科目
  • 生理学
  • 生理学Ⅰ(植物性機能)
  • 生理学Ⅱ(動物性機能)
  • 生理学実習
  • 生物学
研究内容
  • 筋収縮におけるカルシウム受容タンパク質トロポニンCの作用発現メカニズム
  • 細胞内pH変動による筋収縮カルシウム感受性変動の分子メカニズム
  • トロポニンT分子突然変異による遺伝性心筋症の病態発現メカニズム
  • 脳セロトニン機能障害を伴う拡張型心筋症ノックインマウスの心不全発症メカニズム
  • 拡張型心筋症における脳セロトニン合成律速酵素Tph2遺伝子機能的多型の役割
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • Morimoto S. Sarcomeric proteins and inherited cardiomyopathies. Cardiovasc Res. 77, 659-666 (2008)
  • Nonaka M, Morimoto S, Murayama T, Kurebayashi N, Li L, Wang YY, Arioka M, Yoshihara T, Takahashi-Yanaga F, Sasaguri T. (2015) Stage-dependent benefits and risks of pimobendan in genetic dilated cardiomyopathy mice with progressive heart failure. Br. J. Pharmacol. 172(9), 2369-2382 (2015)
  • Li L, Morimoto S, Take S, Zhan D.-Y, Du C.-K, Wang Y.-Y, Fan X.-L, Yoshihara T, Takahashi-Yanaga F, Katafuchi T, Sasaguri T. Role of brain serotonin dysfunction in the pathophysiology of congestive heart failure. J Mol Cell Cardiol. 53, 760-767 (2012)
  • Du C.-K, Morimoto S, Nishii K, Minakami R, Ohta M, Tadano N, Lu Q.-W, Wang Y.-Y, Zhan D.-Y, Mochizuki M, Kita S, Miwa Y, Takahashi-Yanaga F, Iwamoto T, Ohtsuki I, Sasaguri T. Knock-in mouse model of dilated cardiomyopathy caused by troponin mutation. Circ Res. 101, 185-194 (2007)
  • Morimoto S, Lu Q.-W, Harada K, Takahashi-Yanaga F, Minakami R, Ohta M, Sasaguri T, Ohtsuki I. Ca2+-desensitizing effect of a deletion mutation ΔK210 in cardiac troponin T that causes familial dilated cardiomyopathy. Proc Natl Acad Sci, USA. 99, 913-918 (2002)
プロフィール [学歴]
九州大学理学部生物学科卒業。九州大学大学院理学研究科生物学専攻修士課程修了。九州大学大学院医学系研究科分子生命科学系専攻博士課程修了。
[職歴]
日本学術振興会特別研究員(九州大学)。順天堂大学医学部薬理学講座助手。九州大学医学部臨床薬理学講座助手。九州大学医学部臨床薬理学講座講師。九州大学医学部臨床薬理学講座助教授、九州大学大学院医学系研究科臨床薬理学分野助教授。九州大学大学院医学研究院臨床薬理学分野助教授。九州大学大学院医学研究院臨床薬理学分野准教授。
[学会活動等]
日本薬理学会学術評議員。日本臨床薬理学会会員。国際心臓病研究学会会員。Biophysical Society (米国) 会員。Editorial Board Members of Journal of Molecular and Cellular Cardiology, Journal of Geriatric Cardiology, World Journal of Hypertension, and World Journal of Cardiology. Editor of De Gruyter Open Medicine.
准教授 安本 誠一
講師 安本 誠一
学位 博士(理学)
専門分野 物理学
担当科目
  • 自然科学入門
  • 人体の物理学
  • 情報科学入門
  • 統計学の基礎
研究内容
  • 原子核理論
  • 法と教育
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • The Electric Charged Distribution of the Lambda Particle. Progress of Theoretical Physics Vol.90, Num.2, pp.427-434 (1993)
  • A New Formulation of a Many-Level Shell Model. Progress of Theoretical Physics Vol.104, Num.1, pp.173~184 (2000)
  • What is the Collective Subspace in the Many-Nucleon Hilbert Space ? Nuclear Physics Vol.706, Nos.3,4, pages 365-382, (2002)
  • A Comment on the New Formulation of Many-Level Shell-Model. Progress of Theoretical Physics Vol. 110, Num. 5, pp.1037~1041(2003)
  • Dyson Boson Mapping and Shell-Model Calculations for Even-Even Nuclei. Progress of Theoretical Physics, Vol.116, No.1 (2006) pp.107-126
プロフィール [学歴]
  • 山口大学理学部物理学科(学士)
  • 広島大学理学研究科物理学専攻(修士)
  • 九州大学理学研究科基礎粒子系科学専攻(博士)
    [職歴]
    • 日本IBM株式会社
    • 九州工業大学工学部(非常勤講師)
    [所属学会]
    • 日本物理学会
    • 法と教育学会
    [所属団体]
    • 個人情報保護士会
    [資格等]
    • 上級個人情報保護士
    • 行政書士
准教授 髙野 吉朗
准教授 髙野 吉朗
学位 博士(医学)久留米大学
修士(医科学)久留米大学
学士(社会学)佛教大学
専門分野 高齢者理学療法
生活環境支援
電気刺激療法
専門理学療法士(生活環境支援・物理療法)
認定理学療法士(介護予防)
担当科目
  • 病態運動学
  • 運動学実習
  • 生活支援学
  • 卒業研究
研究内容
  • 高齢者の運動能力低下に対する運動指導
  • 在宅や福祉施設における理学療法
  • 電気刺激療法を併用した理学療法
  • 宇宙飛行士の筋力低下に対する運動指導
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • 生活環境論入門第2版.DTP出版.2013.
  • リハ研究の進め方・まとめ方.医歯薬書店.2017.
  • Electrically stimulating antagonist muscles improves strength in older men. Gerontechnology. 2015.
  • Effect of the Cycling Exercise Combined with Electrically Stimulated Antagonist Muscles. 17th WCPT,2015.
  • A New Training for Older Adults Using Combined Neuromuscular Electrical Stimulation and Volitional Contraction: A Pilot Study. Kurume Med J, 2016.
プロフィール [学歴]
熊本リハビリテーション学院理学療法学科卒業(H5)
佛教大学社会学部社会福祉学科卒業(H14)
久留米大学大学院医学研究科修士課程卒業(H18)
久留米大学大学院医学研究科博士課程卒業(H22)
[職歴]
社会福祉事業団四天王寺悲田院(H5~7)
介護老人保健施設御船清流園(H7~14)
帝京大学福岡医療技術学部(H14~25)
国際医療福祉大学福岡保健医療学部(H25~)
[所属学会]
日本理学療法士協会、日本運動器科学学会、日本バイオメカニズム学会、日本宇宙航空医学会、日本生体電気・物理刺激研究会
准教授 金子 秀雄
講師 金子秀雄
学位 博士(保健医療学) 国際医療福祉大学
専門分野 内部障害理学療法
担当科目
  • 理学療法用語論
  • バイオメカニクス
  • 義肢学
  • 呼吸系理学療法学
  • 神経系理学療法学Ⅱ
  • 理学療法技術学実習
  • 電気診断学
研究内容
  • 呼吸障害に対する理学療法
  • 体幹機能評価
  • 地域高齢者の呼吸機能
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • Reduced chest and abdominal wall mobility and their relationship to lung function, respiratory muscle strength, and exercise tolerance in subjects with COPD. Respir Care 2016;61(11):1472-1480.
  • 女子学生における非特異的慢性腰痛の有無による呼吸機能の違い.理学療法科学2016;31(6):799-804.
  • 健常者における胸腹部呼吸運動と呼吸努力感の関連.理学療法科学2015;30(2):323-327.
  • New scale to assess breathing movements of the chest and abdominal wall: preliminary reliability testing. J Phys Ther Sci 2015;27(6):1987-1992.
  • ストレッチポール上背臥位が肺機能に及ぼす効果 深呼吸練習との比較.ヘルスプロモーション理療研2015;5(3):117-121.
プロフィール [学歴]
国立療養所東京病院附属リハビリテーション学院卒業(平成4年)、東京理科大学理学部卒業(平成9年)、国際医療福祉大学大学院修士課程修了(修士:平成16年)、国際医療福祉大学大学院博士課程修了(博士:平成19年)
[職歴]
東京大学医学部附属病院、専門学校柳川リハビリテーション学院、国際医療福祉大学福岡保健医療学部講師(平成18年)、准教授(平成23年~)
准教授 中原 雅美
講師 中原雅美
学位 保健医療学修士
専門分野 地域リハビリテーション
担当科目
  • 地域理学療法学
  • 生活技術学
  • 生活支援学Ⅱ
  • 老人理学療法学 ほか
研究内容
  • 高齢者の転倒およびQOLに関する研究
  • 介護予防に関する研究
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • 理学療法概論(第4版).神陵文庫,2013.
  • The mock test and graduation test as predictors for the national test scores.Japan-Korea 1st Joint Conference.
  • The Relationship between Fall Experience and Health-related Quality of Life in Elderly Users of a Day Care Facility with Rehabilitation Services.10th International Congress of the Asian Confederation for Physical Therapy.
プロフィール 専門理学療法士(生活環境支援系)
専門理学療法士(教育・管理系)
准教授 永井 良治
講師 永井良治
学位 保健学博士
専門分野 運動器理学療法学
担当科目
  • 運動学
  • 理学療法評価学Ⅱ
  • 理学療法評価学基礎実習
  • 理学療法学演習
  • 理学療法技術学
  • 卒業研究
研究内容
  • 運動学や運動力学に関する研究
  • 地域高齢者の運動機能に関する研究
  • クリニカルクラークシップの取り組み
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • 変形性股関節症は自分の骨で治そう(メディカ出版)
  • 義肢装具学テキスト(南江堂)
  • Nagai Y, Maeda T,Kiyama R, Oowatashi A, Kaneko H, Matsuda K, Nakahara M, Tahara H, Yone K, Inoue A. Relationship between physical activity level and hip joint pain in adult women with Chiari pelvic osteotomy. Journal of Physical Therapy Science24(7).561-565.2012.
  • 永井良治、中原雅美、下田武良、高野吉朗.地域在住要支援高齢者におけるサルコペニア発生と骨格筋量とその関連要因について.理学療法科学30(5):793-796,2015.
プロフィール 鹿児島大学大学院保健学研究科修了(保健学博士,H24)
国際PNF協会認定PNFセラピスト(H25年)
専門理学療法士(運動器:H22年)
講師 江口 雅彦
講師 江口 雅彦
学位 博士(経済学) 滋賀大学
専門分野 神経リハビリテーション
医療経済学
担当科目
  • 神経系理学療法学Ⅰ(中枢)
  • 高次脳機能障害学
  • 理学療法評価学
  • 肉眼解剖学実習
  • 理学療法評価学実習(OSCE)
  • 理学療法特論Ⅱ・Ⅲ
  • 卒業研究
  • 関連職種連携論
  • 関連職種連携ワーク
研究内容 [研究テーマ]
  • 神経リハビリテーションに関する研究
  • 医療連携に関する研究
業績・実績
(学会発表・
論文・著書など)
[論文(査読付)]
  • 江口雅彦:医薬分業制度と生涯健康医療電子記録(EHR:Electronic Health Record)-日本とカナダの事例-.国際公共経済研究, Vol.25, 29-39. 2014
  • 江口雅彦:医薬分業の現状と課題.国際公共経済研究,Vol.23,71-82. 2012
[著書(分担)]
  • 保健医療福祉のための臨床推論 総論 第1版. 朝倉書店. 2016
[学会発表]
  • 江口雅彦・黒澤和生:急性期・回復期・維持期における理学療法提供体制の現状分析. 第50回日本理学療法学術大会, 東京国際フォーラム(東京), 2015
  • Eguchi M:Regional characteristics of the rate of aging and physical therapist density in the Asia-Western Pacific countries. WCPT-AWP&ACPT Congress. Taichung Taiwan, 2013
プロフィール [学歴]
  • 愛媛十全医療学院理学療法学科卒業
  • 立命館大学経済学部経済学科卒業:学士(経済学)
  • 滋賀大学大学院経済学研究科博士前期課程修了:修士(経済学)
  • 滋賀大学大学院経済学研究科博士後期課程修了:博士(経済学)
[職歴]
  • 有馬温泉病院、桂クリニック、ヴォーリズ記念病院、その他病院・老人保健施設勤務
  • YMCA米子医療福祉専門学校 理学療法士科
  • 国際医療福祉大学 福岡保健医療学部理学療法学科
[所属学会]
  • 日本理学療法士協会
  • 国際公共経済学会
  • 社会政策学会
  • 滋賀大学/滋賀医科大学 医療経済・福祉研究会
  • 日本認知神経リハビリテーション学会
講師 德江 武
講師 徳江 武
学位 Master of Education (teaching second languages) University of Southern Queensland
Master of Education (leadership and management) University of Southern Queensland
修士(文学) 慶応義塾大学
専門分野 英語教育学
担当科目
  • 医学英語
  • 資格英語
研究内容 医学英語教育、特に
  • 選択体系機能言語学を生かした読解と作文の支援
  • 視覚イメージを用いた読解と作文の支援
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
「形成的評価に教育カウンセリングを活かすことで学習意欲を高める指導法」(東北英語教育学会研究紀要第26号)
「ジャンル・アプローチを高等学校ライティングに活かす指導法-形成的評価、カウンセリング、コーチング、LLを用いて」(英検STEP Bulletin, vol.19)
「選択体系機能言語学から学んだ高等学校『英語II』の指導-読むために話し、書くために読み話す-」(東北英語教育学会研究紀要第28号)
Instructions for writing a report on how to apply a therapy technique: Using functional linguistics for speech therapy students, Journal of Medical English Education, 10(3).
Supporting English reading with text-focused graphic organizers and functional linguistics: A study with Japanese physical therapy students, JACET Kyushu-Okinawa Chapter Annual Review of English Learning and Teaching,16.
プロフィール
  • 文部省学術国際局、文部省宇宙科学研究所国際調整課、岩手県立高等学校・教諭。
  • 中級教育カウンセラー。
講師 柗田 憲亮
助教 柗田 憲亮
学位 博士(医学)佐賀大学
専門分野 運動器理学療法
担当科目
  • 理学療法評価学基礎実習
  • 基礎実習
  • 物理療法学
  • 物理療法学実習
  • 装具学
  • 理学療法特論
  • 卒業研究 など
研究内容
  • 運動器に関する研究
  • 高齢者の転倒・運動機能・認知機能に関する研究
  • 生活・身体活動量に関する研究
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • Factors influencing executive function by physical activity level among young adults: a near-infrared spectroscopy study. J. Phys. Ther. .Sci.:29. 470-475, 2017.
  • 足部内側縦アーチに対するShort foot exercise介入効果. 理学療法福岡(29):55-57,2016.
  • Factors affect coefficient of variation of stride time for the elderly without falling in prospective study. J.Phys.Ther.Sci.:27,1087-1090,2015.
  • LSA低得点化に関連する要因. 理学療法科学 (6):977-980,2015.
  • Influence of physical activity on the executive function in healthy college student.14th International Meeting of Physical therapy Science in Korea.2014.
プロフィール [学歴]
  • 長岡技術科学大学生物機能工学専攻修了
  • 柳川リハビリテーション学院修了(H14)
  • 佐賀大学大学院医学系研究科博士課程医科学専攻修了(H29)
[職歴]
  • 柳川リハビリテーション病院リハビリテーション部(H14-20)
  • 国際医療福祉大学理学療法学科助教(H21-24)
  • 運動器専門理学療法士
  • 介護予防推進リーダー
講師 池田 拓郎
助教 池田 拓郎
学位 博士(保健医療学) 国際医療福祉大学
専門分野 理学療法学
臨床神経生理学
担当科目
  • 理学療法評価学Ⅰ
  • 運動系理学療法学Ⅰ
  • 運動療法学
  • 卒業研究 他
研究内容 電磁気生理学的手法を用いた運動・感覚情報処理の解明
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • Effects of steady-state visual evoked potentials during a mental arithmetic task of serial subtraction. 21th International Meeting of Physical Therapy Science in Beijing.2017
  • 注意分散が体性感覚の初期反応に及ぼす影響.理学療法科学.2016. 他
プロフィール [職歴]
  • 一般病院、整形外科病院、専門学校・専任教員
  • 国際医療福祉大学福岡保健医療学部・助教(平成23年~)、講師(平成29年~)
[所属団体]
  • 日本理学療法士協会
  • 日本臨床神経生理学会 他
助教 岡 真一郎
助教 岡 真一郎
学位 博士(保健医療学)国際医療福祉大学
専門分野 神経系理学療法学
臨床神経生理学
担当科目
  • 理学療法評価学基礎実習
  • 理学療法評価学Ⅰ
  • 理学療法評価学実習
  • 運動生理学実習
  • 代謝系理学療法
  • 理学療法治療学実習
  • 関連職種連携ワーク
  • 関連職種連携実習
  • 検査測定実習
  • 臨床実習
  • 卒業研究
研究内容
  • めまい患者に対する理学療法(前庭リハビリテーション)
  • 脳機能と平衡機能に関する研究
  • 自律神経調整と疼痛,末梢循環障害に関する研究
  • 股関節筋機能に関する研究
  • クリニカルクラークシップに関する研究
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
[論文]
  • 一側前庭神経領域への経頭蓋直流電流刺激が立位姿勢に及ぼす影響-開閉眼による違い-.理学療法科学28巻5号,2013
  • めまい患者に対する前庭リハビリテーションの効果-末梢性めまいと心因性めまいの比較-.理学療法科学31巻2号,2016
  • 急性期脳血管障害症例におけるShort Form Berg Balance Scaleの信頼性,妥当性の検討.理学療法科学31巻2号,2016
[学会発表]
  • 右頭頂葉に対する経頭蓋直流電流刺激(tDCS)が視運動性眼振,姿勢制御へ及ぼす影響.第51回日本理学療法学術大会2016
  • 健常若年女性に対する胸背部への徒手的圧迫刺激が自律神経活動,手指および足趾皮膚温に及ぼす影響.第69回日本自律神経学会2016
プロフィール [学歴]
  • 島根リハビリテーション学院 理学療法学科卒業(平成19年)
  • 国際医療福祉大学大学院 修士課程修了(修士:平成21年)
  • 国際医療福祉大学大学院 博士課程修了(博士:平成29年)
[職歴]
  • 高木病院リハビリテーション科(平成19年~24年)
  • 国際医療福祉大学福岡保健医療学部理学療法学科助教(平成24年~)
[資格]
  • 理学療法士
[所属学会]
  • 日本理学療法士協会
  • 日本臨床神経生理学会
  • 日本自律神経学会
  • 日本めまい平衡医学会
  • 徒手理学療法学会
助教 下田 武良
助教 下田 武良
学位 保健医療学修士
専門分野 障害者スポーツ・神経系理学療法
担当科目
  • 障害者スポーツⅠ
  • 障害者スポーツⅡ
  • 障害者スポーツⅢ
  • 理学療法評価学Ⅰ
  • 理学療法評価学実習
  • 理学療法治療学実習
  • 運動学実習
  • 運動生理学実習
研究内容
  • FESに関する研究
  • 障害者スポーツに関する研究
  • 二重課題に関する研究
  • クリニカルクラークシップに関する研究
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
[論文]
  • 虚弱高齢者における二重課題条件下での歩行と注意機能の関係
[学会発表]
  • Neural Networkを用いた歩行における機能的電気刺激の開発
  • 急性期脳血管障害症例における評価スケールの有用性
  • 急性期病院と回復期病院におけるクリニカルクラークシップの傾向について
プロフィール [学歴]
  • 国際医療福祉大学大学院医療福祉学研究科修士課程修了(H23)
[職歴]
  • 高木病院(H19-24)
  • 国際医療福祉大学福岡保健医療学部理学療法学科助教(H24)
  • 柳川リハビリテーション病院 非常勤(H24)
[資格・その他]
  • 理学療法士
  • 中級障害者スポーツ指導員
  • 福岡県理学療法士会 研修部 部長
  • JICA 短期JV 障害者スポーツ指導(ペルー)
助手 鈴木 あかり
助手 鈴木 あかり
学位 修士(保健医療学) 国際医療福祉大学
専門分野 運動器理学療法
担当科目
  • 運動学実習
  • 理学療法評価学Ⅰ
  • 理学療法評価学Ⅱ
  • 理学療法評価学実習
  • 運動系理学療法学Ⅱ
  • 理学療法治療学実習
  • 検査・測定実習
  • 臨床実習
研究内容
  • 地域在住高齢者の咳嗽力
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • 地域在住高齢者における咳嗽力と呼吸機能,運動機能,口腔嚥下機能の関連.理学療法科学,2017,32(4):521-525.
  • 地域在住高齢者に対する咳嗽力改善プログラムの長期効果の検討.第52回日本理学療法学術大会,2017.
プロフィール [学歴]
国際医療福祉大学 福岡リハビリテーション学部 理学療法学科卒業(平成22年)
国際医療福祉大学大学院 修士課程修了(修士:平成27年)
[職歴]
医療法人社団 高邦会 高木病院勤務(平成22~27年)
国際医療福祉大学 福岡保健医療学部 理学療法学科 助手(平成27年~)
助手 濵地 望
助手 濱地 望
学位 学士(理学療法学)) 国際医療福祉大学
専門分野 内部障害理学療法
担当科目
  • 循環器系理学療法学
  • 理学療法評価学
  • 理学療法評価学実習
  • 運動生理学実習
  • 理学療法治療学実習
  • 臨床実習
研究内容
  • 地域在住高齢者の介護予防に関する研究
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
[論文]
  • 日本人女子大学生における全身性関節弛緩.国際医療福祉大学福岡看護学部紀要5;49-53,2009
[学会発表]
  • 糖尿病予防セミナー参加者における足部の神経障害と関節可動性との関連.第45回日本理学療法学術大会,2010
  • 中高年者における足部神経症状と関節可動範囲,血液生化学検査データとの関係 出雲市糖尿病予防セミナーの調査報告.第46回日本理学療法学術大会,2011
  • 在宅復帰に向けたリハビリスタッフの役割 入所者と通所者における介護度別ADLの比較.第23回全国介護老人保健施設大会美ら沖縄,2012
  • Relationship between factors of obstruction in preventive health care among community-dwelling elderly in rural area of Japan.The11th Beijin International Forum on Rehabilitation,2016
プロフィール [学歴]
国際医療福祉大学 福岡リハビリテーション学部 理学療法学科卒業(平成21年)
[職歴]
医療法人社団高邦会 高木病院(H21.4~22.4,H24.5~26.12)
介護老人保健施設 水郷苑(H23.5~24.4)
医療法人社団高邦会 福岡山王病院(H27.1~29.3)
国際医療福祉大学 福岡保健医療学部 理学療法学科 助手(H29.4~)
[資格]
3学会合同呼吸認定士
福岡県糖尿病療養指導士
介護支援専門員