>  >  教員紹介|作業療法学科

学部紹介

作業療法学科 Department of Occupational Therapy

学科長 教授 日田 勝子
学科長 教授 日田 勝子
学位 修士(教育学)熊本大学
博士(学術)熊本大学
専門分野 発達障害作業療法学
担当科目
  • 人間発達学
  • コミュニケーション技術論
  • 発達障害作業療法評価法
  • 発達障害作業治療学Ⅰ・Ⅱ(基礎論・応用編)
  • 発達障害作業治療学Ⅲ(特論)
  • 卒業研究
  • 総合実習
  • 地域生活支援実習
  • 評価実習
研究内容 発達障害全般の作業療法(発達・運動・認知・感覚・Hand skill・特別支援教育・感覚統合・介入効果・評価)
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • JPAN感覚処理・行為機能検査実施マニュアル(共著), パシフィックサプライ株式会社、2011
  • リハビリテーションのための人間発達学(共著),メディカルプレス,2011
  • ADHDと呼ばれる子どもたちと作業療法,教育と医学,第56巻12号,2009,
  • 「自閉症スペクトラム者の身体図式に関する研究~手の心的回転における姿勢の影響について~」熊本大学社会文化研究,2013
プロフィール 療育センターにて臨床を経験後、養成校にて教職。平成18年4月より本学部講師。専門領域は発達障害の作業療法、発達アセスメント、特別支援教育。認定作業療法士。感覚統合認定セラピスト。特別支援教育士スーパーバイザー(S.E.N.S.SV)
教授 藤本 一眞
教授 藤本 一眞
学位 医学博士 九州大学
専門分野 消化器内科
研究内容
  • 脳腸相関
  • 消化吸収
  • 臨床研究(消化管疾患全般)
  • 消化器内視鏡検査・治療
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • Sugisaki N, Iwakiri R, Tsuruoka N, Sakata Y, Shimoda R, Fujimoto S, Eguchi Y, Fujimoto K. A case-control study of the risk of upper gastrointestinal mucosal injuries in patients prescribed concurrent NSAIDs and antithrombotic drugs based on data from the Japanese national claims database of 13 million accumulated patients. J Gastroenterol. 53: 1253-1260, 2018.
  • Chan FKL, Goh KL, Reddy N, Fujimoto K, Ho KY, Hokimoto S, Jeong YH, Kitazono T, Lee HS, Mahachai V, Tsoi KKF, Wu MS, Yan BP, Sugano K. Management of patients on antithrombotic agents undergoing emergency and elective endoscopy: joint Asian Pacific Association of Gastroenterology (APAGE) and Asian Pacific Society for Digestive Endoscopy (APSDE) practice guidelines. Gut. 67: 405-417, 2018
  • Yamanouchi K, Ogata S, Sakata Y, Tsuruoka N, Shimoda R, Nakayama A, Akutagawa T, Shirai S, Takeshita E, Yamamoto K, Fujimoto K, Iwakiri R. Effect of additional surgery after noncurative endoscopic submucosal dissection for early gastric cancer. Endosc Int Open. 4: E24-E29, 2016
  • Fujimoto K, Fujishiro M, Kato M, Higuchi K, Iwakiri R, Sakamoto C, Uchiyama S, Kashiwagi A, Ogawa H, Murakami K, Mine T, Yoshino J, Kinoshita Y, Ichinose M, Matsui T. Guidelines for gastroenterological endoscopy in patients undergoing antithrombotic treatment. Dig. Endosc. 26:1-14, 2014
  • Fujimoto K, Fukagawa,T. Sakata,P. Tso. Suppression of food intake by apolipoprotein A-IV mediated through the central nervous system in rats. J. Clin. Invest. 91: 1830-1833, 1993.
プロフィール [学歴]
九州大学医学部医学科 卒業
[職歴]
前佐賀大学内科学教授、元国立大学医学部長会議委員長、前消化管学会理事長
[所属学会]
日本内科学会(専門医、指導医)、日本消化器内視鏡学会(理事、専門医、指導医)、日本消化器病学会(評議員、専門医、指導医)、日本消化管学会(専門医、指導医)、日本肥満学会(評議員、専門医)、日本生理学会(評議員)、米国消化器病学会(評議員、fellow)、米国臨床消化器病学会(評議医、fellow)
教授 濱本 邦洋
教授 濱本 邦洋
学位 医学博士 福岡大学
専門分野 小児科学
小児循環器学
担当科目
  • 小児科学
  • 言語聴覚学特論
  • 海外保健福祉事情
  • 大学入門講座
  • 卒業研究
研究内容
  • 川崎病の治療
  • 小児不整脈の診断治療
  • 先天性心臓病の診断治療
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
[学会発表・論文・著書など]
  • Comparison of C-reactive protein improvement in sulfonated and pH4 treated acidic human normal immunoglobulin treatments for Kawasaki disease. Med Bull Fukuoka University 2006 June;33(2):103-107 Hamamoto K. Shirotani G. Yonekura M. Hashimoto J. Yoshikaen Y. Tanaka M. Yamaguchi S. Mitsudome A.
  • ITPKC functional polymorphism associated with Kawasaki disease susceptibility and formation of coronary artery aneurysms. Nat Genet. 2008 Jan;40(1):35-42. Onouchi Y, Gunji T, Burns JC, Shimizu C, Newburger JW, Yashiro M, Nakamura Y, Yanagawa H, Wakui K, Fukushima Y, Kishi F, Hamamoto K, Terai M, Sato Y, Ouchi K, Saji T, Nariai A, Kaburagi Y, Yoshikawa T, Suzuki K, Tanaka T, Nagai T, Cho H, Fujino A, Sekine A, Nakamichi R, Tsunoda T, Kawasaki T, Nakamura Y, Hata A.
  • A genome-wide association study identifies three new risk loci for Kawasaki disease Nat Genet. 2012 Mar;44(3),571-521. Yoshihiro Onouchi, Kouichi Ozaki, Jane C Burns, Chisato Shimizu, Masaru Terai, Hiromichi Hamada, Takafumi Honda, Hiroyuki Suzuki, Tomohiro Suenaga, Takashi Takeuchi, Norishige Yoshikawa, Yoichi Suzuki, Kumi Yasukawa, Ryota Ebata, Kouji Higashi, Tsutomu Saji, Yasushi Kemmotsu, Shinichi Takatsuki, Kazunobu Ouchi, Fumio Kishi, Tetsushi Yoshikawa, Toshiro Nagai, Kunihiro Hamamoto, Yoshitake Sato, Akihito Honda et al.
  • 小児心電図ハンドブック 中外医学社(分担執筆)2013
  • Variations in ORAI1 Gene Associated with Kawasaki Disease.Published: January 20, 2016, DOI:10.1371/journal.pone.0145486. Yoshihiro Onouchi ,Ryuji Fukazawa ,Kenichiro Yamamura ,Hiroyuki Suzuki,Nobuyuki Kakimoto,Tomohiro Suenaga,Takashi Takeuchi,Hiromichi Hamada,Takafumi Honda,Kumi Yasukawa,Masaru Terai,Ryota Ebata,Kouji Higashi,Tsutomu Saji,Yasushi Kemmotsu,Shinich T. Takatsuki,Kazunobu Ouchi,Fumio Kishi,Tetsushi Yoshikawa,Toshiro Nagai, Kunihiro Hamamoto,Yoshitake Sato,Akihito Honda,Hironobu Kobayashi,Junichi Sato,Shoichi Shibuta,Masakazu Miyawaki,Ko Oishi,Hironobu Yamaga,Noriyuki Aoyagi,Megumi Yoshiyama,Ritsuko Miyashita,Yuji Murata,Akihiro Fujino,Kouichi Ozaki,Tomisaku Kawasaki,Jun Abe,Mitsuru Seki,Tohru Kobayashi,Hirokazu Arakawa,Shunichi Ogawa,Toshiro Hara,Akira Hata,
プロフィール 九州大学医学部卒・前福岡大学医学部小児科准教授
[所属学会等]
  • 日本小児科学会(専門医)
  • 日本小児循環器学会(専門医・評議員)
  • 日本循環器学会会員
  • 日本川崎病学会会員
  • 日本禁煙科学会(初級禁煙支援士)
  • 福岡県メディカルセンター学校心臓検診部委員
  • 福岡市学校心臓検診部副部長
教授 長谷川 雄
教授 長谷川 雄
学位 医学博士 熊本大学
専門分野 脳神経外科学
脳神経薬理学
担当科目
  • 救急医学
研究内容
  • 脳卒中の新たな病態解明と治療薬開発に関する研究
  • 血管因子に着目した認知症の認知機能増悪因子に関する研究
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • Hasegawa Y, Hayashi K, Takemoto Y, Cheng C, Takane K, Lin B, Komohara Y, Kim-Mitsuyama S. DPP-4 inhibition with linagliptin ameliorates the progression of premature aging in klotho-/- mice. Cardiovasc Diabetol. 2017;16:154.
  • Hasegawa Y, Nakagawa T, Matsui K, Kim-Mitsuyama S. Renal Denervation in the Acute Phase of Ischemic Stroke Provides Brain Protection in Hypertensive Rats. Stroke. 2017;48:1104-1107.
  • Hasegawa Y, Suzuki H, Uekawa K, Kawano T, Kim-Mitsuyama S. Characteristics of Cerebrovascular Injury in the Hyperacute Phase After Induced Severe Subarachnoid Hemorrhage. Transl Stroke Res. 2015;6:458-66.
  • Hasegawa Y, Suzuki H, Altay O, Zhang JH. Preservation of tropomyosin-related kinase B (TrkB) signaling by sodium orthovanadate attenuates early brain injury after subarachnoid hemorrhage in rats. Stroke. 2011;42:477-83.
  • Hasegawa Y, Suzuki H, Sozen T, Rolland W, Zhang JH. Activation of sphingosine 1-phosphate receptor-1 by FTY720 is neuroprotective after ischemic stroke in rats. Stroke. 2010;41:368-74.
プロフィール [学歴]
1991-1997年 愛媛大学医学部卒業
2000-2004年 熊本大学大学院医学研究科卒業
[職歴]
1997-1998年 熊本大学付属病院脳神経外科
1998-1999年 熊本赤十字病院脳神経外科
1999-2000年 熊本大学付属病院脳神経外科(集中治療室出向含)
2004-2005年 熊本労災病院脳神経外科医長
2005-2006年 熊本大学付属病院脳神経外科
2006-2008年 医療法人秋津会徳田脳神経外科病院脳神経外科
2008-2010年 米国ロマリンダ大学医学部生理学博士研究員
2010-2012年 熊本大学付属病院機能神経外科特任助教
2011-2012年 熊本大学付属病院脳神経外科病棟医長兼務
2012-2015年 熊本大学大学院生命科学研究部生体機能薬理学分野助教
2015-2019年 同 講師
2019- 国際医療福祉大学福岡保健医療学部教授
[所属学会]
日本脳神経外科学会
日本脳神経外科コングレス
日本脳卒中学会
スパズムシンポジウム
日本脳循環代謝学会(評議員)
日本脳血管・認知症学会(評議員)
日本高血圧学会(評議員)
日本頭痛学会
日本脳神経外科漢方医学会
[資格等]
日本脳神経外科学会認定専門医
日本脳卒中学会認定専門医
日本頭痛学会認定専門医
国際誌「Translational Stroke Research」編集委員
日本高血圧学会幹事歴任
国際誌「Hypertension research」Managing Editor歴任
[受賞歴]
2011 Progress and Innovation Award (American Stroke Association)
准教授 新川 寿子
講師 新川 寿子
学位 修士(保健医療学)国際医療福祉大学
専門分野 老年期障害作業療法学
担当科目
  • 作業工程技術学・基礎論
  • 運動生理学
  • 作業療法適用学概論
  • 中枢神経障害作業療法学Ⅱ(応用論)
  • 地域作業療法概論
  • 地域ケアシステム論
  • 地域生活支援計画論
  • 関連職種連携ワーク
  • 海外保健福祉事情
  • 地域生活支援実習
  • 評価実習
  • 総合実習
  • 卒業研究
研究内容
  • 地域生活支援における作業療法の効果
  • 中国のリハビリテーションサービスの展開と国際協力のあり方
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • Cooperation for the improvement of rehabilitation services in Mainland China
  • Occupationの意味はどのようにとらえられているか -日本、中国、韓国の比較-
  • ライフサイクルと作業
  • 老年痴呆症者における顔の認識能力と社会交流技能
プロフィール 発達障害、老年期障害領域の臨床経験。金沢大学医療技術短期大学部、専門学校等で教職。平成17年4月より本学部講師。またこれまで数回、国際協力機構(JICA)の専門家として中国のリハビリテーション人材養成に関するプロジェクトに赴任。
准教授 多賀 誠
講師 多賀 誠
学位 修士(保健医療学)国際医療福祉大学
専門分野 精神障害作業療法学
老年期障害作業療法学
就労支援学
担当科目
  • 精神障害作業治療学Ⅰ・Ⅱ
  • 精神障害作業療法評価法
  • 就学・就労支援論
  • 生活機能論
  • 老年期障害作業治療学Ⅰ・Ⅱ
  • 作業療法管理運営
  • 作業療法総括論
  • 作業療法適用学概論
  • 地域作業療法概論
  • 関連職種連携ワーク
  • まなび学
  • 地域生活支援実習
  • 評価実習
  • 総合実習
  • 卒業研究
研究内容
  • 精神障害者の就労支援
  • 精神障害分野の臨床実習
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • A research into the mentally handicapped person's occupation search behavior by the three occupation elements(16th International Congress of the World Federation of Occupational Therapists)
  • 学共同臨床教育システムにおけるクリニカル・クラークシップ型臨床実習の導入~精神障害分野における臨床実習の実践~(リハビリテーション教育)
  • 臨学共同による臨床教育システムの構築~精神障害領域における実践報告(作業療法ジャーナル)
  • The present conditions in the mental health care welfare and Psychiatry rehabilitation of Japan(Chinese Journal Of Rehabilitation Theory And Practice)
  • 絵画と作業療法(作業療法ジャーナル)
プロフィール 柳川リハビリテーション学院・福岡国際医療福祉学院専任教員、福岡県作業療法協会規約委員、国際協力機構(JICA)より専門家として中国北京へ派遣。作業療法士。
准教授 表 昭浩
准教授 表 昭浩
学位 修士(教育学)、科学修士(教育脳科学)/Msc(Educational Neuroscience)
専門分野 教育脳科学
教育方法論
外国語教育学
教育心理学
担当科目
  • 医学英語Ⅰ
  • 医学英語Ⅱ
  • 英会話
  • 海外研修英語
研究内容
  • 教育学、心理学、脳科学の見地からみた外国語学習
  • 教師の教室内発話(社会的認知理論)
  • 大人の英語学習者における脳波と聞き取り能力の関係
  • 外国語学習への教育的介入方法

【教育脳科学】
・日本人が外国語として英語をどう聴き、学習しているのか調べるために脳波測定実験を行い、脳科学の教育への応用分野で論文にまとめています。
・日本人が違う音として区別できない音声(/la/と/ra/が「ラ」と聞こえるなど)が脳内でどのように処理されているか調べることで、いわゆる「英語脳」を活用するためのより効果的な教育的介入の在り方を追究しています。
【教育方法論】
・学習者と教師が母語として共有している日本語を教師がどのようにどこまで抑制・コントロールすべきなのか教育的介入方法を研究しています。
・教室の社会的相互作用に注目し、授業観察やインタビューで得られたデータを実証的に分析して論文にまとめ、理論と実践の橋渡しをしています。
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • 教師研究におけるインストラクショナル・スピーチ,自己効力感,成長の関係(単著,『日本教育心理学会第60回総会発表論文集』,2018年7月)
  • Teacher Self-efficacy and Instructional Speech(単著,Asia TEFL, International Conference, Abstract Booklet, pp. 276–277, 2018年6月)
  • Teacher Self-Efficacy and Instructional Speech: How Teachers Behave Efficaciously in the EFL Classroom. (単著,JALT Journal, 39 (2), pp. 89-116. 2017年11月)
  • Successful non-native speech perception is linked to precise auditory neural encoding(共著、Cortex, 93, pp. 146-154. Akihiro Omote, Kyle Jasmin, and Adam Tierney、2017年8月)
  • 大人の外国語聴取力への聴性脳幹反応の効果: [ra]、[la]の刺激音に対する周波数追従反応(単著、『実験言語学会大会論集』pp. 1-5. 2017年7月)
プロフィール [学歴]
鳴門教育大学大学院学校教育研究科博士課程前期課程修了
関西大学大学院外国語教育研究科博士後期課程単位習得後退学
ロンドン大学大学院心理学部・UCL(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)教育学部 教育脳科学プログラム(MSc Educational Neuroscience)修了
[職歴]
鳥取西高等学校他(1987-1997),鳥取盲学校(1997-2007)、流通科学大学(2008-2017)、二松學舍大学(2017-2018)、国際医療福祉大学(2019- )
[所属学会]
Asian TEFL, 医学英語学会、日本教育心理学会、JALT (Japan Association for Language Teaching)、言語科学会、日本実験言語学会、日本神経心理学会、教師学学会
[所属団体]
UCU (University and College Union, 英国)
ACTEFL FLA (Foreign Language Annals, American Council on the Teaching of Foreign Languages, 米国)
RFL (Reading in a Foreign Language, University of Hawaii, 米国)
[資格等]
高校専修免許、中学専修免許(外国語[英語])、日本語教師資格、英国British Council IELTS S7.5
講師 石橋 英恵
講師 石橋 英恵
学位 作業療法学修士 ロマリンダ大学
専門分野 基礎作業学
担当科目
  • 作業学概論
  • 作業工程技術学・応用論
  • 作業分析学Ⅰ
  • 作業応用論
  • 解剖学実習
  • 海外保健福祉事情Ⅰ・Ⅱ
  • 基礎実習
  • 地域生活支援実習
  • 評価実習
  • 総合実習
研究内容
  • アジア諸国での作業療法の発展
  • 「作業」の理解~国際比較
  • Active Learning: 小グループ学習効果
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • Introduction for the oversea learning as a mandatory class activity. In the 1st Asia-Pacific Occupational Therapy Symposium (2017)
  • 世界の作業療法. 二木淑子,能登真一(編):標準作業療法学 専門分野 作業療法概論 第3版,医学書院,pp63-73,2016
  • What Kinds of Discrepancy Exist between Occupation and the Translated words in the Eastern-Asia in Occupational Therapies? In the 5th Asia Pacific Occupational Therapy Congress (2011)
  • アジアの作業療法の発展~社会的な観点からの比較 In 第44回日本作業療法学会(2010)
  • 小グループ方式を取り入れた学習形式の紹介と報告:Team Learning Modelの施行, 作業療法22(特),2003.
プロフィール 肢体不自由児施設で臨床経験。アメリカ ロマリンダ大学で学士・修士修得後帰国し専門学校で教職につく。作業療法士。世界作業療法士連盟日本代表第1代理。
講師 原 麻理子
講師 原 麻理子
学位 博士(保健医療学)国際医療福祉大学
専門分野 高次脳機能障害学
身体障害作業療法学
担当科目
  • 作業療法評価学概論
  • 高次脳機能評価法
  • 認知障害作業治療学
  • 中枢神経障害作業治療学Ⅰ基礎論
  • 中枢神経作業治療学Ⅲ特論
  • 身体障害作業療法評価法
  • 関連職種連携ワーク
  • 検査実習
  • 地域生活支援実習
  • 評価実習
  • 総合実習
  • 卒業研究
研究内容
  • 失行
  • 大脳損傷後の道具の使用障害
  • 高次脳機能障がい者の社会生活支援
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • 「遂行機能障害」クリニカル作業療法シリーズ 高次脳機能障害領域の作業療法.中央法規出版,2017
  • 「高次脳機能障害の専門的観点からの就労支援」高次脳機能研究35(1):108,2015
  • 「左中心後回損傷2例の道具把持エラーについての検討」神経心理学30(4):300,2014
  • 「脳損傷後の“やる気のなさ”に焦点をあてて」総合リハビリテーション41(2):149-154,2013
  • 「道具の使用障害におけるエラータイプ分類と関連病巣」高次脳機能研究30(2):336-348,2010
プロフィール [職歴]
社会医療法人財団白十字会 白十字病院 主任
福岡市 高次脳機能障がい者の就業プログラム 講師
日本作業療法士協会 認定・専門作業療法士取得研修 講師
[資格]
認定作業療法士
専門作業療法士(高次脳機能障害)
臨床実習指導者(日本作業療法士協会)
[所属学会]
日本作業療法士協会
日本神経心理学会
日本高次脳機能障害学会
講師 長谷 麻由
助教 長谷 麻由
学位 修士(保健医療学)国際医療福祉大学
専門分野 身体障害作業療法学
担当科目
  • 日常生活活動評価法
  • 生活機能論
  • 作業療法諸理論
  • 生活技術学Ⅰ
  • 生活技術学Ⅱ
  • 運動器疾患作業療法学
  • 評価実習
  • 管理運営
  • 総合実習
研究内容
  • 手指巧緻動作における運動学習に関すること
  • 地域在宅における予防的作業療法に関すること
  • 作業療法教育に関すること
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • “作業”の捉え方と評価・支援技術,医歯薬出版 2011.
  • Mayu Hase, Hidenaga Ikoma:Effectiveness of The Management Tool for Daily Life Performance in Day-Service Center. 16th International Congress of the World Fedration of Occupational Therapists in collaboration with the 48th Japanese Occupational therapy congress and Expo. 2014.
  • 通所介護における作業療法士の専門的役割とは -作業療法士へのアンケート調査より-,第46回日本作業療法学会,2012.
  • 左利きと右利きにおける書字動作の比較,第44回日本作業療法学会,2011.
プロフィール 急性期総合病院、市役所保健福祉課にて臨床後、青年海外協力隊、福岡国際医療福祉学院を経て、平成19年より本学部勤務。作業療法士。
講師 有久 勝彦 
助教 有久 勝彦
学位 修士(保健学)広島大学
専門分野 身体障害作業療法学
担当科目
  • 運動学Ⅰ(基礎)
  • 運動学Ⅱ(応用)
  • 運動学実習
  • 作業分析学Ⅱ(応用)
  • 生活技術学Ⅰ(基礎論)・一部
  • 作業療法管理運営・一部
  • 作業療法総括論・一部
  • 関連職種連携ワーク
  • 地域生活支援実習
  • 評価実習
  • 総合実習
  • 卒業研究
研究内容
  • タイムプレッシャー理論をベースとしたリスク認知能力の評価法作成(科研費・若手B)に関する研究
  • リスク・コミュニケーション、リスク・マネジメントに関する研究
  • 熟練者と非熟練者の技能比較に関する研究
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • TP-KYT効果測定システムにおける評価法の妥当性の検証,第51回日本作業療法学会,2017.
  • 学生と熟練者におけるリスク発見時の視線の違い ~アイトラッカーを用いた分析~,第30回教育研究大会・教員研修会,2017.
  • 時間的制約下における状況予知課題を用いたリスク評価(TP-KYT効果測定システム)の妥当性の検討,第7回国際医療福祉大学学会学術大会,2017
  • What should be communicated to students during skill training? ―A qualitative study on the differences in awareness between students and instructors regarding transfer assistance skills―, 16th International Congress of the World Fedration of Occupational Therapists in collaboration with the 48th Japanese Occupational therapy congress and Expo. 2014.
  • TP-KYT効果測定システムを用いた実習前学生のリスク認知における基準点の検討,リハビリテーション教育研究Vol.23,2017.
プロフィール [学歴]
広島県立保健福祉短期大学 作業療法学科 卒業、広島大学大学院 博士課程前期 修了、広島大学大学院 博士課程後期 満期退学
[職歴]
三原市医師会病院(2000-2005)、北九州リハビリテーション学院(2005-2013)、国際医療福祉大学(2013-)
[所属団体]
日本作業療法士協会(資格試験班)、福岡県作業療法協会(学術部理事)、臨床家・研究者のための生活リスク・コミュニケーション研究会(世話人)、A-ONE研究会
[資格等]
作業療法士、AMPS認定評価者、A-ONE認定評価者
講師 木下 栄子
講師 木下 栄子
学位 修士(教育学)福岡大学
専門分野 精神障害作業療法
担当科目
  • 精神疾患作業療法学Ⅰ
  • 精神疾患作業療法学Ⅱ
  • 作業療法評価学演習
  • コミュニケーション技術論
  • 関連職種連携ワーク
  • 基礎実習
  • 地域生活支援実習
  • 評価実習
  • 総合実習
研究内容
  • 精神科デイケアに通所する統合失調症をもつ人の自己決定が社会生活機能に与える効果の研究
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • 「自己評価の低い患者に対する書道グループの効果」第25回日本作業療法学会,1990.6
  • 「社会復帰援助場面でのスタッフの在り方について」第28回日本作業療法学会,1993.6
  • 「精神科作業療法士の職業的アイデンティティに関する一考察(1)」福岡大学大学院論集第43巻第2号,2011.12
  • 「精神科作業療法士の職業的アイデンティティに関する一考察(2)」福岡大学大学院論集第44巻第2号,2012.12
  • 「『精神科デイケアに通所する統合失調症をもつ人の自己決定が社会生活機能に与える効果の研究』の参加者の特徴」第95回福岡県デイケア研究協議会,2018.6
プロフィール 精神障害や認知症をもつ人々を対象とした精神科臨床での経験を経て、専門学校および大学にて教員として勤務。平成31年4月より本学部講師として勤務。専門領域は、精神障害の作業療法、精神科デイケアでのリハビリテーション。
[所属学会]
日本作業療法学会
日本デイケア学会
日本サイコオンコロジー学会
福岡県デイケア研究協議会
[資格等]
作業療法士
介護支援専門員
助教 松野 豊
助教 松野 豊
学位 修士(保健医療学)国際医療福祉大学
専門分野 身体障害作業療法学
担当科目
  • 呼吸・循環器作業治療学
  • 上肢機能評価法
  • 基礎運動機能評価法
  • 基礎実習
  • 検査実習
  • 評価実習
  • 関連職種連携実習
  • 総合実習
研究内容
  • 脳卒中対象者の生活動作(主に更衣)に関すること
  • 脳卒中対象者の上肢機能に関すること
  • 作業療法教育に関すること
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • 松野豊,杉谷一輝,村田弓,田平隆行,山本伸一. 脳卒中片麻痺患者の上衣着脱動作の効率性向上を目的とした効果縄抜け訓練の効果,OTジャーナル48,2013.
  • 脳卒中片麻痺患者の靴着脱における床へのリーチ-視覚情報の混乱から恐怖感を訴えた症例との関わり-,臨床作業療法,2009.
  • 活動分析アプローチ~中枢神経障害の評価と治療~【第2版】,P10〜16,青海社,2011.
  • CCSと症例基盤型臨床実習の比較検討~臨床実習指導者へのアンケート調査を用いて,第49回日本作業療法学会,2015.
プロフィール [学歴]
国際医療福祉大学大学院 修士課程修了
[職歴]
医療法人社団高邦会 リハビリテーション部 課長代理(1999-2017:高木病院・柳川リハビリテーション病院)
国際医療福祉大学 福岡保健医療学部 助教(2018-)
[所属団体]
日本作業療法士協会、福岡県作業療法協会、日本作業療法研究会、環境適応講習会、活動分析研究会 臨床研究局長
[資格]
作業療法士