>  >  看護学科

学部紹介

看護学科 Department of Physical Therapy

国際的な視野と高い倫理観を持ち、
チーム医療・チームケアに貢献できる<看護職>を養成

社会のあり方や価値観が大きく変わろうとしている現在、医療の現場では、保健・医療・福祉がチームとして連携しています。
その中で看護職には、チームの調整役としての専門知識や豊かな社会性が必要となってきます。
本学科では、国際的視野と高い倫理観を持ち、地域社会や世界で活躍できる看護師・保健師を養成します。

看護学科の教育方針・特徴

統合体としての人間を理解する
看護は、人間を対象とする実践であり学問です。人間理解はそのスタートであり、理解を深めていくことが永遠のテーマでもあります。看護知識や技術を身につけ、人間への深い愛にあふれたコミュニケーション能力を培います。
社会の変化に柔軟に対応する
現代社会の変化に伴い、医療に対する要求は幅広く、それに応えられる柔軟な能力が必要です。また、福岡市に位置するキャンパスが、都市型災害被災地支援の拠点として機能できるように、災害時のシステム構築など教育研究機関としての発展をめざします。
学際的看護を探究する
単純化された看護理論を身につければ、複雑な現場でも何が重要かを見極めることができ、看護を実践しやすくなります。また、早い段階で臨床実習を行い、現場で応用できる能力を体得、チーム医療の連携の重要性を学びます。
国際社会に貢献する
アジア各国の医療や福祉は、まだまだ発展の余地が大きく、日本の医療人の活躍が求められています。本学科では、日本国内にとどまらず、世界で活躍できる人材を育成します。

プロフェッショナル養成に向けたカリキュラム

看護機能学
人体の機能は、神経性と内分泌性の2つの機構を中心に調整されている。神経と関連深い分野である筋・運動、感覚などについて学習し、その後内分泌系について学ぶ。
基礎ゼミナール(演習)
学生自らが目的を持って計画的に学習し、大学独自の学びと生活スタイルを確立する。さまざまな課題学習を通して、他者との関係を築きながら自ら学ぶための基礎的態度を養う。

看護学科カリキュラムの詳細はこちら >>

看護学科の実習紹介

生活支援論実習
Early exposreとして「生活支援論実習」に臨み、医療サービスの場にふれ、対象者の生活上のニーズを判断する視点を養う。看護技術の基本原理、科学的根拠に基づいた生活行動の援助を体験する。必要な看護援助等についての理解を深める。
看護過程論実習
入院療養中で日常生活援助を必要としている人を対象に、生活上のニーズを判断し、必要な看護を考え、それを実践する。はじめて受け持ち患者をもって看護を提供する臨地実習のスタートに。
【受験可能な国家資格】

□ 看護師

毎年2月に国家試験を実施。人体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復の促進、健康支援と社会保障制度、基礎看護学、成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学、在宅看護論および看護の統合と実践についてマーク式試験が行われます。

□ 保健師

毎年2月に国家試験を実施。
公衆衛生看護学、疫学・保健統計学及び保健医療福祉行政論について筆記試験が行われます。

(保健師国家試験受験資格の取得課程は選択制です)

【将来の活躍の場】
◎病院などの医療機関
◎地域の保健福祉センター
◎保健医療等行政機関(国、県など)
◎訪問看護ステーション
◎企業の健康管理室
◎教育・研究者
◎専門看護師
◎看護管理者 など
資料請求