>  >  教員紹介|医学検査学科

学部紹介

医学検査学科 Department of Medical technologists

学部長 教授 辻 貞俊
学部長 学科長 教授 辻 貞俊
学位 医学博士 九州大学
専門分野 内科学
担当科目
  • 臨床医学概論
  • 生理検査学Ⅰ
研究内容
  • 高齢者てんかんの疫学および高次脳機能変化の解明
  • てんかんと認知機能・社会行動の研究
  • てんかん外科治療と大脳生理機能の解明
  • 神経難病の地域連携ネットワークの研究
  • 経頭蓋磁気刺激によるヒト運動機能の解明
  • 経頭蓋高頻度磁気刺激による神経疾患治療の確立
  • 大脳誘発電位を用いた中枢神経機能の解明
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  1. Clinical characteristics and treatment responses in new-onset epilepsy in the elderly. Seizure: Eur J Epilepsy. 2176:1-4, 2013.
  2. Electroencephalographic features of benign adult familial myoclonic epilepsy.Clinical Neurophysiology 125(2):250-254,2014.
  3. Longitudinal changes of motor cortical excitability and transcallosal inhibition after subcortical stroke. Clinical Neurophysiology 125:2055-2069, 2014.
  4. Different types of alteration and loss of consciousness in epilepsy. Epilepsia, 55(8):1140-1144, 2014.
  5. Internal structures of the globus pallidus in patients with Parkinson’s disease: evaluation with quantitative susceptibility mapping (QSM). European Radiology 25(3):710-718, 2015.
プロフィール 九州大学医学部卒業。九州大学医学部神経内科助手、米国国立神経研究所グアム研究センター研究員、米国クリーブランド クリニック財団神経内科臨床研究員・客員教授、産業医科大学神経内科学教授、同教務部長、同医学部長等を経て、2013年4月より本学福岡保健医療学部長に就任。前日本臨床神経生理学会理事長、日本臨床神経生理学会・日本てんかん学会・日本神経学会・日本神経治療学会名誉会員・元理事、日本内科学会功労会員、第8回国際誘発電位シンポジウム会長、第39回日本臨床神経生理学会学術大会会長、第30回日本神経治療学会会長、第47回日本てんかん学会会長、産業医科大学名誉教授、法務省、警察庁の委員会委員、広島大学、福岡大学非常勤講師など。
[受賞歴]
  1. 2013年 日本臨床神経生理学会 学会賞
  2. 2014年 日本てんかん学会 功労賞
学科長 教授 永沢 善三
学科長 教授 永沢 善三
学位 博士(医学)福岡大学
専門分野 臨床微生物学
感染制御学
担当科目
  • 大学入門講座(Ⅰ、Ⅱ)
  • 微生物学
  • 感染制御学
  • 寄生虫検査学
  • 微生物学実習
研究内容
  • 薬剤耐性菌の迅速検出法とメカニズム解析
  • マイクロウェブ照射による迅速染色法の研究
  • 質量分析での微生物迅速同定法と疫学解析への応用
  • 抗菌薬剤の微生物に対する抗菌活性の比較研究
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • Evaluation of APTIMA Combo 2 for cross-reactivity with oropharyngeal Neisseria species and other microorganisms、Journal of Medical Microbiology 59 245-250、2010.
  • Susceptibility of clinical isolates of Pseudomonas aeruginosa in the Northern Kyushu district of Japan to carbapenem antibiotics, determined by an integrated concentration method: evaluation of the method based on Monte Carlo simulation、J Infect Chemother 14 238~243、2008.
  • A rapid antimicrobial susceptibility test based on chemiluminescence assay and its application to screeningof genotypes in vancomycin-resistant enterococci、J Infect Chemother, 10 220~226, 2004.
  • グリコペプチド系薬低感受性株の特徴と現状 化学療法の領域 Vol28(8) 1649-1656, 2012.
  • BIVRおよびNon-BIVR株に対するImipenemとグリコペプチド系薬の併用効果 日本臨床微生物学雑誌 18(3) 37~40, 2008.
プロフィール [学歴]
銀杏学園短期大学衛生技術科(S56)
保健衛生学士(学位授与機構:H8)
福岡大学医学部 医学博士(H17)
[職歴]
佐賀大学医学部附属病院検査部(S56~H25.3)
佐賀大学医学部附属病院検査部副臨床検査技師長(H7~H25.3)
国際医療福祉大学福岡保健医療学部医学検査学科教授(H25.4~)
[所属学会・団体]
日本臨床微生物学会理事・評議員、第18回日本臨床微生物学会総会副会長(H12)、臨床微生物迅速診断研究会幹事、第22回臨床微生物迅速診断研究会総会長(H21)、日本化学療法学会評議員、日本感染症学会評議員、日本医療マススペクトル学会評議員、国公立大学病院感染対策協議会職業感染対策作業部会臨床検査部門代表(H23~H25.3)、国公立大学病院感染対策協議会臨床WG臨床検査部門代表(H23~H25.3)、日本臨床衛生検査技師会感染制御部門長(H13~H16)、九州臨床衛生検査技師会感染制御部門長(H13~H16)、日本臨床検査医学会、日本臨床検査同学院会員、日本環境感染学会会員、日本臨床衛生検査技師会会員
[資格]
Infection Control Doctor (ICD)、 細菌学一級臨床病理技術士、二級臨床病理技術士(細菌学、血清学、血液学、臨床化学)、感染制御認定臨床微生物検査技師(ICMT)、認定臨床微生物検査技師
[受賞歴]
  • 第43回小島三郎記念技術賞(H20)
  • JARMAM賞(H21)
  • 第23回緒方富雄賞(H23)
教授 梅村 創
教授 梅村 創
学位 医学博士 九州大学
専門分野 血液検査学
遺伝子検査学
血液内科学
担当科目
  • 血液形態検査学
  • 止血検査学
  • 内科学(言語聴覚学科)
  • 卒業研究
研究内容
  1. 疾患バイオマーカーとしてのマイクロRNA研究
  2. 貧血疾患の遺伝子解析に関する研究
  3. アジア保健学に係わる臨床検査の研究
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  1. Supat Chamnanchanunt, Chieri Kuroki, Varunee Desakorn, Mari Enomoto, Vipa Thanachartwet, Duangjai Sahassananda, Jetsumon Sattabongkot, Rachaneeporn Jenwithisuk, Suthat Fucharoen, Saovaros Svasti, Tsukuru Umemura Downregulation of plasma miR-451 and miR-16 in Plasmodium vivax infection. Experimental Parasitology 155 (2015) 19–25
  2. Shinji Matsumoto,Kazuki Nabeshima, Makoto Hamasaki,Tatsuki Shibuta,Tsukuru Umemura. Upregulation of microRNA-31 associates with a poor prognosis of malignant pleural mesothelioma with sarcomatoid component. Medical Oncology (2014) 31:303
  3. Tatsuki Shibuta, Emi Honda, Hiromichi Shiotsu, Yuka Tanaka, Shalini Vellasamy,Motoaki Shiratsuchi, Tsukuru Umemura. Imatinib induces demethylation of miR-203 gene: An epigenetic mechanism of anti-tumor effect of imatinib. Leukemia Research (2013) 37:1278-1286
  4. Saovaros Svasti, Shizuka Masaki, Tipparat Penglong, Yasunobu Abe, Pranee Winichagoon,Suthat Fucharoen,Tsukuru Umemura. Expression of microRNA-451 in normal and thalassemic erythropoiesis. Annals of Hematology,22:788-795, 2010.
  5. Shizuka Masaki, Rie Ohtsuka, Yasunobu Abe, Koichiro Muta, Tsukuru Umemura. Expression patterns of microRNAs 155 and 451 during normal human erythropoiesis. Biochemical and Biophysical Research Communications, 364,3: 509-514, 2007
プロフィール [学歴]
昭和43年 福岡県立福岡高等学校卒業
昭和49年 九州大学医学部卒業
[職歴]
昭和49年 九州大学医学部第3内科研修医
昭和55年 九州大学医学部第3内科助手
昭和59年 九州大学医療技術短期大学部助教授
昭和62年~平成元年 米国ワシントン州ワシントン大学医学部遺伝医学講座シニア研究員
平成5年  九州大学医療技術短期大学部教授
平成15年~平成19年 九州大学医学部保健学科教授
平成14年~平成18年 九州大学医療技術短期大学部部長〜九州大学医学部保健学科長
平成19年~平成27年 九州大学大学院医学研究院保健学部門教授
平成27年~ 国際医療福祉大学福岡保健医療学部教授、高邦会高木病院臨床検査部長
教授 宇治 義則
学位 薬学博士 昭和大学
専門分野 臨床化学
臨床検査医学
担当科目
  • 臨床化学検査学(総論・各論)
  • 分析化学
  • 臨床化学検査学実習
  • 生化学実習
  • 生物化学分析実習
  • 卒業研究
研究内容
  • キャピラリー電気泳動法・LC/MS/MSを用いた分析法の研究
  • β2-マイクログロブリンの研究
  • リポ蛋白の研究
  • 臨床検査室の国際標準化に関する研究
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  1. Circulating β2-microglobulin intermediate in hemodialysis patients, Nephron Clin Pract 111:c173-c181,2009.
  2. Effect of heparin on conformation of the β2-microglobulin molecule, Therapeutic Apheresis and Dialysis16:159-162,2012.
  3. Increased levels of small dense low-density lipoprotein cholesterol associated with hemorheological abnormalities in untreated,early-stage essential hypertensives,Hypertension Research:1–6,2014.
  4. Hyper dry human amniotic membrane is useful material for tissue engineering:physical,morphological properties,and safety as the new biological material.J Biomed Mater Res A.102(3):862-70,2014.
  5. C-terminal unfolding of an amyloidogenic β2-microglobulin fragment:⊿N6β2-microglobulin,Amyloid(Early Online)1-7,2015.
プロフィール 東京理科大学卒業・臨床検査技師、薬学博士、分析機器・試薬アナリスト、認定臨床化学者、ISO15189認定審査員、熊本大学医学部医学科臨床教授
東京都養育院附属病院研究検査部主事(臨床検査技師)、
(財)東京都老人総合研究所研究協力員(併任)・熊本大学大学院医学薬学研究部助手、同・医学部保健学科講師(併任)同・医学部附属病院中央検査部室長(併任)、熊本保健科学大学非常勤講師(兼任)・文部省甲種在外研究員(アルバートアインシュタイン医科大学 Visiting Scientist,アメリカ合衆国,ニューヨーク市)、富山大学附属病院臨床検査技師長を経て2013年4月より本学教授、2016年4月より大学院医療福祉学研究科保健医療学専攻臨床検査学分野教授(併任)
[所属学会等]
  1. 生物試料分析科学会 理事
  2. 日本臨床化学会 評議員
  3. 日本臨床検査医学会 評議員
  4. 日本臨床検査自動化学会 評議員
  5. アメリカ臨床化学会(AACC)会員
  6. NPO法人 飛鳥フォーラム 理事
[受賞等]
  1. Beckman Instruments Inc. Award (1997年3月,アメリカ合衆国)
  2. 全国国立大学法人臨床検査技師会功労賞(2012年5月)
  3. 全国国立大学法人病院検査部会議功労賞(2012年6月)
  4. 国立大学法人富山大学学長感謝状(2013年3月)
教授 小坂 克子
教授 小坂 克子
学位 歯学博士 東京医科歯科大学
専門分野 解剖学
組織学
担当科目
  • 解剖学Ⅰ(循環器系、消化器系、呼吸器系)(PT・OT)
  • 解剖学Ⅱ(神経系、内分泌系、生殖器系)(PT・OT)
  • 解剖学実習Ⅱ(組織)(PT)
  • 解剖学Ⅰ(総論)(MT)
  • 解剖学Ⅱ(各論)(MT)
  • 機能組織学(MT)
  • 解剖組織学実習(MT)
  • 解剖学(ST)
  • 看護形態学(解剖学)
  • 卒業研究
研究内容 神経解剖学(中枢神経系)大脳辺縁系の神経形態学研究。 特に嗅覚一次中枢嗅球の神経構築に関する研究。関連する発生学的、比較解剖学的研究。
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • T. Kosaka and K. Kosaka (2016) Neuronal organization of the main olfactory bulb revisited. Anat Sci Int. 91, 115-27
  • K. Kosaka and T. Kosaka (2013) Secretagogin-containing neurons in the mouse main olfactory bulb. Neurosci Res. 77(1-2), 16-32
  • T. Kosaka and K. Kosaka (2012) Further characterization of the juxtaglomerular neurons in the mouse main olfactory bulb by transcription factors, Sp8 and Tbx21. Neurosci Res. 73, 17-23
  • T. Kosaka and K. Kosaka (2011) “Interneurons” in the olfactory bulb revisited. Neurosci Res. 69, 93-99
  • K. Kosaka, K. Sawai, C. Tanaka, M. Imafuji, A. Kamei and T. Kosaka (2009) Distinct domanial and lamellar distribution of clustered lipofuscin granules in microglia in the main olfactory bulb of young mice. Neurosci Res.65, 286-295
プロフィール [学歴・職歴]
東京医科歯科大学歯学部卒業および大学院修了、岡崎国立共同研究機構 生理学研究所 研究員、日本学術振興会 特別研究員、九州大学医学部 助手および講師(解剖学)、九州大学医療短期大学部 助教授、九州大学医学部保健学科 教授、九州大学大学院医学研究院保健学部門 医用量子線科学分野 教授
[所属学会]
日本解剖学会、日本神経科学学会、日本味と匂学会
教授 佐藤 信也
教授 佐藤 信也
学位 博士(医学)宮崎大学
専門分野 病理検査学
細胞診断学
担当科目
  • 細胞診断検査学
  • 細胞検査学演習(Ⅰ・Ⅱ)
  • 病理検査学
  • 病理検査学実習(Ⅰ・Ⅱ)
  • 健康食品学
  • 食品衛生管理学
研究内容
  • 星細胞系脳腫瘍における腫瘍血管の形態学的特徴と診断的意義に関する研究
  • 各種脳腫瘍における細胞診断学的形態観察の有用性
  • 病理組織標本の固定条件の違いで起こり得る細胞学的および組織学的変化に関する基礎的研究
  • 子宮頸がん検診に関する意識調査
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • Sameshima N, Yamashita A, Sato S, Matsuda S, Matsuura Y, Asada Y:The Value of Wall Shear Stress, Turbulence Kinetic Energy and Blood Pressure Gradient are Associated with Atherosclerotic Plaque Erosion in Rabbits. J.Atheroscler Thromb. 21:831-838.2014
  • 佐藤信也、徳満貴子、丸塚浩助:術中迅速病理診断における エラスチカ・HE染色 MedicalTechnology,39(5): 475-481,2011
  • Sato S, Sato Y, Hatakeyama K, Marutsuka K, Yamashita A, Takeshima H, Asada Y : Quantitative analysis of vessels with smooth muscle layer in astrocytic tumors:correlation with histological grade and prognostic significance. Histol. Histopatho. 26:497-504,2011
  • Sato S, Sato Y, Marutsuka K, Takeshima H, Asada Y: Characteristics of tumour vessels in cytological squash smears of astrocytic tumours. Cytopathology 22:313-317,2011
  • 佐藤信也、鍋島一樹:頭頚部腫瘍の細胞診 第1回 脳腫瘍― 圧挫,捺印法による標本の見方―.Medical Technology,31: 875-882,2003
プロフィール [学歴]
熊本県立菊池高等学校卒業(S51年3月)
銀杏学園短期大学衛生技術科卒業(S54年3月)
保健衛生学士取得(H13年2月)
宮崎大学大学院医学系研究科博士課程修了(H23年3月)
[職歴]
宮崎大学医学部附属病院病理部(S54年9月~H24年3月)
[取得資格]
臨床検査技師
国際細胞検査士
上級健康食品管理士
教授 赤松 直樹
教授 赤松 直樹
学位 博士(医学)産業医科大学
専門分野 神経内科学
臨床てんかん学
臨床神経生理学
脳波
担当科目
  • 臨床検査医学総論
  • 臨床診断学
  • 神経学
研究内容
  • 臨床てんかん学
  • 高齢者のてんかん
  • てんかん患者の神経心理学的研究
  • てんかんの疫学
  • てんかんとSUDEP
  • てんかんと心電図
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • Akamatsu N, Inenaga K, Yamashita H:Inhibitory effects of natriuretic peptides on vasopressin neurons mediated through cGMP and cGMP-dependent protein kinase in vitro. J Neuroendocrinol. 5:517-522,1993
  • Akamatsu N, Fueta Y, Endo Y, Matsunaga K, Uozumi T, Tsuji S:Decreased susceptibility to pentylenetetrazol-induced seizures after low-frequencytranscranial magnetic stimulation in rats. Neurosci Lett. 310:153-156, 2001
  • Kohno R, Abe H, Akamatsu N, Oginosawa Y, Tamura M, Takeuchi M, Otsuji Y:Syncope and ictal asystole caused by temporal lobe epilepsy. Circ J. 75: 2508-10, 2011
  • Tanaka A, Akamatsu N, Yamano M, Nakagawa M, Kawamura M, Tsuji S: A more realistic approach, using dynamic stimuli, to test facial emotion recognition impairment in temporal lobe epilepsy. Epilepsy Behav. Accepted March 23, 2013
  • Akamatsu N:Epilepsy guideline for the diagnosis and treatment:the development of Japanese guidelines through multi-society collaboration. The 8th Asian Oceanian Epilepsy Congress, Melbourne, Australia 2010
プロフィール [学歴]
兵庫県立西脇高等学校卒業
産業医科大学医学部医学科卒業
[免許・資格]
米国医師免許(ECFMG)、日本神経学会専門医、日本内科学会認定内科医、日本頭痛会専門医、日本臨床神経生理学会認定医、日本てんかん学会認定専門医、日本神経学会指導医、日本てんかん学会専門医指導医
[職歴]
産業医科大学病院・小倉記念病院 臨床研修医
米国クリーブランドクリニック財団病院 神経内科レジデント・臨床フェロー
産業医科大学医学部神経内科学 准教授
福岡山王病院 脳神経機能センター神経内科(併任)
国際医療福祉大学医学部神経内科教授(併任)
[学会活動]
日本神経学会 代議員、学術大会学術委員、てんかんセクションコアメンバー、将来構想委員、てんかんガイドライン委員会副委員長
日本臨床神経生理学会 技術教育・試験委員、評議員
日本てんかん学会 第47回学術大会副会長理事、ガイドライン委員長、教育委員
日本神経治療学会 代議員
教授 太田 昭一郎
教授 太田 昭一郎
学位 博士(医学)佐賀医科大学
専門分野 免疫・アレルギー学
臨床検査医学
担当科目
  • 免疫と感染
  • 遺伝子工学
  • 免疫輸血検査学
  • 放射線同位元素検査技術学
  • 輸血・移植検査学実習
  • 免疫輸血検査学実習
研究内容
  • アレルギー・炎症疾患におけるペリオスチンの機能解析
  • 血清ペリオスチン測定による炎症疾患診断キットの開発
  • 自然免疫刺激抗体による免疫寛容誘導の研究
  • B細胞の運動性を制御する分子の研究
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • Ohta S et al. The usefulness of monomeric periostin as a biomarker for idiopathic pulmonary fibrosis. PLoS One 12: e0174547 (2017)
  • Bednar KJ, Tsukamoto H, Kachapati K, Ohta S et al. Reversal of new-onset type 1 diabetes with an agonistic TLR4/MD-2 monoclonal antibody Diabetes 64: 3614-26 (2015)
  • Chen CY, Lee JB, Liu B, Ohta S et al. Induction of interleukin-9-producing mucosal mast cells promotes susceptibility to IgE-mediated experimental food allergy. Immunity 43:788-802 (2015)
  • Masuoka M, Shiraishi H, Ohta S et al. Periostin promotes chronic allergic inflammation in response to Th2 cytokines. J Clin Invest 122:2590-600 (2012)
  • Ohta S et al. The usefulness of combined measurements of squamous cell carcinoma antigens 1 and 2 in diagnosing atopic dermatitis. Ann Clin Biochem 49: 277-84 (2012)
プロフィール [学歴]
1993年 佐賀医科大学医学部 卒業
1999年 佐賀医科大学大学院 修了
[職歴]
1993年-1995年 佐賀医科大学脳神経外科 研修医
1998年-2001年 米国カリフォルニア大学サンフランシスコ校脳腫瘍研究センター ポストドクトラルフェロー
2001年-2002年 米国ダートマス大学生化学講座 リサーチアソシエイト
2002年-2007年 佐賀医科大学分子生命科学講座 助教
2007年-2016年 佐賀大学医学部臨床検査医学講座 講師、佐賀大学医学部附属病院検査部 副部長
2016年-2017年 佐賀大学医学部分子生命科学講座 講師
2017年- 国際医療福祉大学福岡保健医療学部 教授
[所属学会]
日本臨床検査医学会(評議員)
日本臨床化学会(評議員)
日本免疫学会
日本アレルギー学会
日本人類遺伝学会
[資格]
臨床検査専門医
臨床検査管理医
[受賞等]
2013年 日本臨床化学会学会賞(論文賞)
臨床教授 大田 喜孝
専門分野 細胞形態学
検査管理学
担当科目
  • 一般検査学
  • 細胞診断検査学
  • 検査管理学
研究内容
  • 脳脊髄液の細胞形態学的研究
  • 中枢神経系感染症における髄液組成変化に関する研究
  • 病院組織におけるQMSの導入と業務の標準化に関する研究
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  1. JAMT技術教本シリーズ,髄液検査技術教本,日本臨床衛生検査技師会,丸善出版,2015
  2. 髄液検査を学ぶ-その意義・方法・新たな展開 「髄液の役割と髄液検査の意義」,Medical Techinology,Vol.42 No.5,2014
  3. 充実性増殖形態を示すsolid-pseudopapillary neoplasm of the pancreasn,日本臨床細胞学会雑誌,Vol.52,No.6,2013
  4. 検査診断学への展望 「脳脊髄液一般検査の注意点とデーターの見方・考え方」,日本臨床衛生検査技師会編集,南江堂,2013
  5. ~基礎から学ぶ~細胞診すすめ方(第3版),脳脊髄液の細胞診,近代出版,2012
プロフィール [学歴]
銀杏学園短期大学衛生技術科 1974
同 専攻科(熊本大学医学部第2生理学)1975
[職歴]
  1. 医療法人雪の聖母会 聖マリア病院 中央臨床検査センター技師長(1993~2007)
  2. 医療法人雪の聖母会 聖マリア病院 法人本部経営企画室・診療統括部門4事務長(2007~2009)
  3. 社会医療法人雪の聖母会 聖マリア病院 情報システム部長(2009~2013)
  4. 国際医療福祉大学 福岡保健医療学部 医学検査学科 准教授(2013~2015)
  5. 国際医療福祉大学 福岡保健医療学部 医学検査学科 臨床教授(2015~現在)
[学会関連]
  1. 日本臨床衛生検査技師会福岡県支部常務理事(1994~2012)
  2. 日本臨床衛生検査技師会髄液検査法編集ワーキンググループ委員長(2001~)
  3. 日本臨床衛生検査技師会認定一般検査技師制度委員(2005~)
  4. 日本臨床衛生検査技師会・医学検査査読委員(2002~)
  5. 日本臨床細胞学会細胞検査士会役員(2004~)
  6. 国際医療福祉大学 福岡保健医療学部 医学検査学科 臨床教授(2015~現在)
[取得資格]
  • 臨床検査技師国家資格
  • 日本臨床細胞学会認定細胞検査士
  • 国際細胞学会認定国際細胞検査士
  • 日本臨床衛生検査技師会認定一般検査技師
[受賞歴]
  • 第34回小島三郎記念技術賞(1999)
  • 日本臨床細胞学会第50回記念学会貢献賞(2011)
准教授 片山 雅史
准教授 片山 雅史
学位 博士(学術)熊本大学
専門分野 神経生理学
担当科目
  • 生理学
  • 生理検査学Ⅱ(各論)
  • 生理検査学実習
  • 画像検査学Ⅰ(総論)・Ⅱ(各論)
  • 超音波検査学演習Ⅰ(基礎)・Ⅱ(応用)
研究内容
  • ヒト正中神経刺激F波の出現様式に影響を及ぼす諸因子に関する研究
  • 視覚情報入力による脊髄α運動ニューロンの興奮性変化:F波による解析
  • 感覚神経活動電位segmental recordによる末梢神経障害の評価法に関する研究
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
[著書]
臨床神経性生理検査の実際 筋電図各論 F波など後記応答 松浦雅人 編, 東京 2007
[原著]
片山雅史,寺本靖之,岩永書朋,西村康平,松永薫. 閾値測定による末梢神経障害の評価.末梢神経 第24巻 1号 105-111 2013
[国際会議]
  • M. Katayama, F. Iwanaga, K. Matsunaga, R. Nakanishi, N. Murayama. Influence of auditory stimulation on excitability changes in spinal motoneurons: an F-wave study. 29th International congress of clinical neurophysiology: 2010
  • M. Katayama, Y. Teramoto, F. Iwanaga, K. Nishimura, T. Matsunaga, K. Matsunaga, R. Nakanishi. Evaluation of peripheral neuropathy by sensory nerve action potentials comparison. The 32nd World Congress of the International Federation of Biomedical Laboratory Science: 2016
[国内学会]
片山雅史,西村康平,岩永書朋,寺本康之,松永薫,中西亮二.感覚神経活動電位比(SNAP-ratio)を用いた末梢神経障害の評価.第43回日本臨床神経生理学会 2013
プロフィール 銀杏学園短期大学・熊本大学大学院自然科学研究科卒業
臨床検査技師,博士(学術)
第2種ME技術実力検定試験合格
二級臨床病理技術士(神経生理)
日本臨床神経生理学会認定技術師(脳波分野/筋電図・神経伝導分野)
日本生理学会認定生理学エデュケーター
日本臨床神経生理学会 代議員・広報委員・編集委員・認定試験問題作成委員・誘発電位ガイドラインワーキンググループ委員
日本神経生理検査研究会 副会長・表彰推薦委員
熊本県臨床衛生検査技師会 生理検査研究班長(~H17.3月)
熊本県臨床検査技師会 学術委員(~H26.3月)
九州臨床検査技師会 学術部生理機能部門責任者(~H26.3月)
日本臨床衛生検査技師会 雑誌「医学検査」査読委員
[受賞歴]
熊本県臨床衛生検査技師会 会長賞
熊本県臨床検査技師会 学術奨励賞
日本臨床神経生理学会 優秀論文賞
准教授 志村 華絵
准教授 志村 華絵
学位 博士(医学)東京女子医科大学
専門分野 血液内科学・内科学
担当科目
  • 内科学
  • 血液形態検査学・同実習
  • 止血検査学・同実習
研究内容
  • 成人急性リンパ性白血病の分子メカニズムの解明
  • フィラデルフィア染色体陰性急性リンパ性白血病の新規治療開発
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
  • Shimura Hanae, Mori Naoki, Wang Yan-Hua, Okada Michiko, Motoji Toshiko Aberrant methylation and decreased expression of the RIZ1 gene are frequent in adult acute lymphoblastic leukemia of T-cell phenotype. Leukemia & lymphoma (ISSN:10428194/10292403) 53(8):1599-1609, 2012
  • Shimura Hanae, Imai Yoichi, Ieko Masahiro, Shiseki Masayuki, Mori Naoki, Teramura Masano, Motoji Toshiko Transient lupus anticoagulant with a prolonged activated partial thromboplastin time secondary to cytomegalovirus-related infectious mononucleosis. Annals of Hematology (ISSN:09395555) 92(1):143-4,2013
  • 志村華絵, 今井陽一, 石山みどり, 吉永健太郎, 志関雅幸, 森直樹, 寺村正尚, 泉二登志子 骨髄非破壊的同種骨髄移植後に長期寛解を維持している中枢神経浸潤を合併した再発Hodgkinリンパ腫 臨床血液 (ISSN:04851439) 53(12):1991-6,2012
  • Isono N, Imai Y, Watanabe A, Moriya K, Tamura H, Inokuchi K, Asano C, Masuda M, Shimura H, Mitsuhashi K, Kazama H, Sugimori H, Motoji T, Tanaka J Cytomegalovirus reactivation in low-grade B-cell lymphoma patients treated with bendamustine. Leukemia & lymphoma (ISSN:10428194/10292403) 2016 Sep;57(9):2204-7.
  • Naoki Mori, Kentaro Yoshinaga, Kaori Tomita, Mari Ohwashi, Toshiaki Kondoh, Hanae Shimura, Yan-Hua Wang, Masayuki Shiseki, Michiko Okada, Toshiko Motoji Abberant methylation of the RIZ1 gene in myelodysplastic syndrome and acute myeloid leukemia Leukemia research (ISSN:01452126) 35:516-521,2011
プロフィール [学歴]
東京女子医科大学医学部卒業
東京女子医科大学医学部大学院(血液内科学)修了
[職歴]
独立行政法人国立病院機構東京医療センター研修医
東京女子医科大学血液内科学助教
Department of Medicine, Hematology/Oncology, Johann Wolfgang Goethe University (Frankfurt am Main, Germany) 客員研究員
School of Medicine, Department of Haematology Cardiff University (Cardiff, United Kingdom) 客員研究員
[資格取得]
日本血液学会認定血液指導医・専門医
日本内科学会認定指導医・総合内科専門医
日本がん治療認定医
日本医師会認定産業医
日本救急医学会ICLS(Immediate Cardiac Life Support)インストラクター
AHA(American Heart Association;アメリカ心臓協会) ACLS(Advanced Cardiovascular Life Support)プロバイダー
[所属学会]
ヨーロッパ血液学会 (European Hematology Association; EHA)
米国内科学会 (American College of Physicians; ACP)
日本内科学会
日本血液学会
日本造血幹細胞移植学会
日本臨床検査学会
日本輸血・細胞治療学会
講師 佐藤 謙一
学位 博士(医学)千葉大学
修士(理工学)静岡大学
専門分野 遺伝子検査学
医用工学
担当科目
  • 遺伝学(講義)
  • 医用工学(講義・実習)
  • 遺伝子染色体検査学(講義・実習)
  • 検査情報システム学
  • 関連職種連携ワーク
  • 関連職種連携実習
  • 卒業研究
研究内容 ゲノム・エピゲノム解析法の臨床検査への応用
赤外スペクトル解析法による血中成分測定
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
[論文]
  • Takatani R, Sato K, et al. Similar frequency of paternal uniparental disomy involving chromosome 20q (patUPD20q) in Japanese and Caucasian patients affected by sporadic pseudohypoparathyroidism type Ib (sporPHP1B). Bone; 79: 15-20, 2015.
  • Kamachi K, Sato K, et al. Coexistence of ALK-anaplastic large cell lymphoma and CD4+ T cell large granular lymphocytic leukemia. Ann Hematol; 94(3): 539-40, 2015.
  • Ishige T, Sato K, et al. High-throughput screening of extended RAS mutations based on high-resolution melting analysis for prediction of anti-EGFR treatment efficacy in colorectal carcinoma. Clin Biochem; 47(18): 340-3, 2014.
  • Sato K, et al. Application of Fourier-transform infrared (FT-IR) spectroscopy for simple and easy determination of chylomicron-triglyceride and very low density lipoprotein-triglyceride. Clinica chimica acta; international journal of clinical chemistry. 411:285-90, 2010.
  • [学会発表]
  • Sato K, et al. Loop-Mediated Isothermal Amplification for detection of atypical mycobacteria. IFBLS 2016 (Sep., 2016)
プロフィール [学歴]
静岡大学工学部電気工学科卒業(H8.3)
静岡大学大学院理工学研究科修士課程修了(H10.3)
筑波大学医療技術短期大学部衛生技術学科卒業(H15.3)
千葉大学大学院医学薬学府博士課程修了(H21.9)
[職歴]
(株)日立製作所半導体事業部(H8.4~H9.12)
千葉大学医学部附属病院検査部(H15.4~H25.3)
[所属学会]
日本臨床検査医学会
日本臨床衛生検査技師会(標準化委員会)
福岡県臨床衛生検査技師会(理事、遺伝子部門長)
日本臨床検査自動化学会
日本人類遺伝学会
日本遺伝子診療学会(ジェネティックエキスパート認定制度委員会)
日本臨床化学会(遺伝子検査専門委員会)
日本染色体遺伝子検査学会
[資格]
日本臨床衛生検査技師免許
一級遺伝子分析科学認定士
認定臨床染色体遺伝子検査師(遺伝子分野)
助教 船島 由美子
船島 由美子
学位 修士(医科学)佐賀大学
専門分野 臨床微生物学
寄生虫検査学
担当科目
  • 寄生虫検査学
  • 食品衛生学
  • 実習全般
研究内容
  • 腸内細菌科細菌の迅速薬剤耐性菌検出法の確立
  • Microwave照射による迅速染色法の研究
  • 質量分析による迅速抗菌薬活性の測定および疫学解析への応用
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
[学会発表]
  • Performance Evaluation of rep-PCR Analysis for MRSA Clone Identification Application IFBLS 2016
  • Microwaveを利用した迅速抗酸菌染色の検討 第64回日本医学検査学会 2015
  • ブドウ球菌属での抗MRSA薬に対するヘテロ耐性菌の出現状況 第22回日本臨床微生物学会総会 2011
[論文]
  • Microwave を利用したMycobacterium 属の迅速染色法に関する検討 JARMAM 27(1).33-41 2017
  • 各種薬剤耐性菌を用いたマイクロスキャンRapid plus シリーズの有用性に関する検討JARMAM 21(2) 95~105 2010
プロフィール [学歴]
美萩野臨床医学専門学校卒業(H11.3)
保健衛生学士(学位授与機構:H22)
佐賀大学大学院 医学系研究科 修士課程修了(H27.3)
[所属学会]
日本臨床衛生検査技師会、日本臨床微生物学会、日本化学療法学会、日本感染症学会、日本環境感染学会、日本医用マススペクトル学会、臨床微生物迅速診断研究会
[資格等]
臨床検査技師、二級臨床病理技術士(細菌学)、感染制御認定臨床微生物検査技師、認定臨床微生物検査技師、質量分析認定士
助教 文室 知之
文室 知之
学位 博士(医科学)京都大学
専門分野 臨床神経生理学
担当科目
  • 化学
  • 生化学
  • 生物学
  • 食品学
  • 大学入門講座Ⅰ・Ⅱ
  • 実習全般
研究内容
  • 頭皮上直流電位変動を用いた神経フィードバック法に関する研究
  • 手の到達運動の準備段階における脳電位変化
  • 運動意思の自覚時点と脳波周波数変化との相関
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
[英文原著]
  • Fumuro T, Matsuhashi M, Miyazaki T, Inouchi M, Hitomi T, Matsumoto R, Takahashi R, Fukuyama H, Ikeda A. Alpha-band desynchronization in human parietal area during reach planning. Clin Neurophysiol 2015;126:756-62.
  • Fumuro T, Matsumoto R, Shimotake A, Matsuhashi M, Inouchi M, Urayama S, Sawamoto N, Fukuyama H, Takahashi R, Ikeda A. Network hyperexcitability in a patient with partial reading epilepsy: Converging evidence from magnetoencephalography, diffusion tractography, and functional magnetic resonance imaging. Clin Neurophysiol 2015;126:675-81.
  • Fumuro T, Matsuhashi M, Mitsueda T, Inouchi M, Hitomi T, Nakagawa T, Matsumoto R, Kawamata J, Inoue H, Mima T, Takahashi R, Ikeda A. Bereitschaftspotential augmentation by neuro-feedback training in Parkinson's disease. Clin Neurophysiol 2013;124:1398-405.
[和文原著]
  • 文室知之、松橋眞生、三枝隆博、井内盛遠、松本理器、藤田正俊、高橋良輔、池田昭夫.頭皮上直流電位変動の視覚提示による神経フィードバック法:健常者の運動準備電位に対する影響.臨床神経生理学.2010;38:172-180
[分担執筆]
  • 文室知之、寺田清人.第3部 脳波記録判読時に重要な補足事項 デジタル脳波記録機器スペック一覧.日本臨床神経生理学会(編)「デジタル脳波の記録・判読の手引き」(池田昭夫主編集:松本理器,人見健文副編集) 98-99 診断と治療社 2015
プロフィール [学歴]
平成15年3月 滋賀県立虎姫高等学校 卒業
平成18年3月 京都大学医療技術短期大学部衛生技術学科 卒業
平成20年3月 京都大学医学部保健学科検査技術科学専攻 卒業
平成22年3月 京都大学大学院医学研究科医科学専攻修士課程 修了
平成25年3月 京都大学大学院医学研究科医科学専攻博士後期課程 修了
[職歴]
平成25年4月~平成27年2月 京都大学学際融合教育研究推進センター
平成27年3月より現職
[取得資格]
臨床検査技師
日本臨床神経生理学会専門技術師(脳波分野/筋電図・神経伝導分野)
[所属学会]
日本臨床神経生理学会
日本神経科学学会
[所属団体]
日本臨床衛生検査技師会
[受賞歴]
第13回日本臨床神経生理学会奨励論文賞(2010)
助教 安田 聖子
安田 聖子
学位 博士(保健学)山口大学
専門分野 神経薬理学
担当科目
  • 実習全般
  • 精度管理学
  • 検査機器・医用機器学総論
  • 食品関係法規
研究内容
  • 神経障害性疼痛の行動・分子薬理学的解析および薬物治療法の確立
  • 慢性疼痛における痛覚‐情動系機構におけるメカニズム解析
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
[論文]
  • Yasuda S, Yoshida M, Yamagata H, Iwanaga Y, Suenaga H, Ishikawa K, Nakano M, Okuyama S, Furukawa Y, Furukawa S, Ishikawa T. Imipramine Ameliorates Pain-related Negative Emotion via Induction of Brain-derived Neurotrophic Factor. Cell Mol Neurobiol. 2011.
  • S Yasuda, K Ishikawa, Y Matsumoto, T Ariyoshi, H Sasaki, Y Ida, Y Iwanaga, Kim Hae-Kyu, O Nakanishi, T Ishikawa: Distribution of Spinal Sensitization Evoked by Inflammatory Inflanmatory Pain Using Local Spinal Cord Glucose Utilization Combined With 3H-Phorbol 12, 13-Dibutyrate Binding in Rats, ISRN Pain, 12.2013
[学会発表]
  • 安田 聖子・藤村 博和・岩永 泰武・石川 敏三:ラット慢性疼痛における下行性抑制系(モノアミン神経)作用薬による治療法の検討.第7回日本運動器疼痛学会.2014
  • 安田聖子,岩永泰武,藤村博和,吉田充宏,福原佳世子,石川 敏三:抗うつ薬Imipramineのラット慢性疼痛における気分障害改善と神経栄養因子(BDNF)誘導作用.第36回日本疼痛学会. 2014
  • Reconfirmation of interaction between monoaminergic neuron and BDNF in RVM with imipramine for reducing depression related to chronic pain, NEUROSCIENCE 2013
プロフィール [学歴]
  • 山口大学医学部保健学科検査技術科学専攻卒業(H22.3)
  • 山口大学大学院医学系研究科保健学専攻博士前期課程修了(H24.3)
  • 山口大学大学院医学系研究科保健学専攻博士後期課程修了(H27.3)
[所属学会]
  • 日本臨床衛生検査技師会
  • 日本疼痛学会
  • 日本歯科麻酔学会
  • Society for Neuroscience
[取得資格]
  • 臨床検査技師
  • 健康食品管理士
  • 第2種ME技術者
  • 上級バイオ技術者
  • 一般毒物劇物取扱者
[受賞歴]
  • 第36回日本疼痛学会優秀演題賞(2014)
  • 第114回山口医学会学術講演会奨励賞(2010)
助教 森山 良太
森山 良太
学位 修士(医科学)佐賀大学
専門分野 輸血・移植検査学
担当科目
  • 輸血・移植検査学
  • 輸血・移植検査学実習
  • 食品衛生学
  • 関連職種連携ワーク
  • 実習全般
研究内容 子宮頸癌に関する意識調査
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
[学会発表]
  • 本学学生の子宮頸癌に対する意識調査、日本疫学会学術総会、2015
プロフィール [学歴]
平成21年 鳥取大学 医学部保健学科 臨床検査技術科学専攻 卒業
平成22年 高邦会 高木病院 検体検査室 勤務
平成28年 佐賀大学院 医学系研究科 医科学専攻 卒業
[所属学会]
  • 日本臨床衛生検査技師会
  • 日本輸血細胞治療学会
  • 日本疫学会
  • 日本医用マススペクトル学会
[取得資格]
  • 臨床検査技師国家資格
  • 緊急臨床検査士
  • 医用質量分析認定士
助教 富安 聡
助教 富安 聡
学位 博士(工学)倉敷芸術科学大学
専門分野 病理検査学
細胞診断学
担当科目
  • 公衆衛生学
  • 検査学入門
  • 救急処置法
  • 食品学
  • 実習および演習全般
  • 関連職種連携ワーク
研究内容
  • 子宮体癌における癌幹細胞の生物学的特性解析
  • 子宮体癌の発癌機構の解明および新規治療法の開発
  • 医療系大学における子宮頸癌に関する意識調査
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
[論文]
  • Tomiyasu S, Miyamoto T, Mori M, et al. Isolation of side population cells from endometrial cancer cells using a violet laser diode. Human Cell 27(1): 36-42, 2014.
  • 宮本朋幸, 遠藤 南, 富安 聡, et al. LBCにおける細胞出現率の定量的解析. 日本臨床細胞学会岡山県支部会誌 32: 12-15, 2013.
[学会発表]
  • THE COMPARISON OF BIOLOGICAL PROPERTIES OF ENDOMETRIAL CANCER STEM CELLS ISOLATED USING A VIOLET LASER AND A NEAR-UV LASER. The 19th International Congress of Cytology (ICC2019), 2016.
  • 造血幹細胞移植時の消化管粘膜障害評価に関するバイオマーカーの検討. 第63回 日本臨床検査医学会学術集会, 2016
  • 子宮体癌細胞株より分取した side population 細胞の生物学的特性解析. 第51回 日臨技九州支部医学検査学会, 2016.
プロフィール [学歴]
  • 平成21年3月 倉敷芸術科学大学 生命科学部 生命科学科 卒業
  • 平成23年3月 倉敷芸術科学大学大学院 産業科学技術研究科 機能物質化学専攻 生体細胞科学系 修士課程 修了
  • 平成26年3月 倉敷芸術科学大学大学院 産業科学技術研究科 機能物質化学専攻 分子細胞病理学系 博士課程 修了
[職歴]
  • 平成26年4月より現職
[所属学会]
  • 日本臨床衛生検査技師会
  • 日本臨床検査医学会
  • 日本臨床細胞学会
  • 日本癌学会
  • 日本サイトメトリー学会
  • 日本医用マススペクトル学会
[取得資格]
  • 臨床検査技師国家資格
  • 日本臨床細胞学会認定細胞検査士
  • 国際細胞学会認定国際細胞検査士
  • 医用質量分析認定士
  • 一般毒物劇物取扱者
  • 特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者
  • 有機溶剤作業主任者
  • 乙4類危険物取扱者
助教 澁田 樹
助教 澁田 樹
学位 博士(保健学)九州大学
専門分野 血液検査学
遺伝子検査学
担当科目
  • 血液検査学・同実習(形態検査、分析検査)
  • 止血検査学・同実習
  • バイオテクノロジー演習
  • 大学入門講座
  • 実習全般
研究内容
  • 造血器腫瘍におけるエピジェネティクス異常に関する研究
  • エクソソームの細胞間相互作用に関する研究
  • 血漿中microRNAの臨床検査利用に関する研究
業績・実績
(学会発表・
論文・著書
など)
[英文論文]
  • Shinji Matsumoto,Kazuki Nabeshima, Makoto Hamasaki, Tatsuki Shibuta, Tsukuru Umemura. Upregulation of microRNA-31 associates with a poor prognosis of malignant pleural mesothelioma with sarcomatoid component. Medical Oncology (2014) 31:303
  • Tatsuki Shibuta, Emi Honda, Hiromichi Shiotsu, Yuka Tanaka, Shalini Vellasamy,Motoaki Shiratsuchi, Tsukuru Umemura. Imatinib induces demethylation of miR-203 gene: An epigenetic mechanism of anti-tumor effect of imatinib. Leukemia Research (2013) 37:1278-1286
[学会発表]
  • 芽球形質細胞様樹状細胞腫瘍と鑑別が困難であったMyeloid Sarcomaの一症例,日本臨床検査医学会,2015
  • An Epigenetic Mechanism Of Imatinib Via Demethylation Of MiR-203. 55th American Society of Hematology Annual Meeting, 2013
  • MiRNAs and demethylation regulating proliferation of CML cells. 日本血液学会,2012
プロフィール [学歴]
平成14年 福岡県立修猷館高等学校 卒業
平成19年 九州大学医学部保健学科検査技術科学専攻 卒業
平成21年 九州大学医学府保健学専攻修士課程 修了
平成26年 九州大学医学府保健学専攻博士課程 修了
[職歴]
栄研化学株式会社 (平成21〜平成23年)
九州大学病院(平成25年〜平成28年)
平成29年1月より現職